以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Places API Web Service をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Places API Web Service をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

Places API ポリシー

このセクションでは、Google Places API Web Service やこの API の一部であるプレイス オートコンプリート サービスを使って開発するすべてのアプリケーションに特有の要件を説明します。

Google マップ デベロッパー向けの一般情報については、Google Maps API の利用規約をご覧ください。

ロゴの要件

アプリケーションが Google Places API Web Service のデータを地図に表示する場合、Google が提供する地図を使用する必要があります。

Google Places API Web Service のデータを Google マップには表示させず、ページまたはビューに表示するアプリケーションでは、データと一緒に「Powered by Google」ロゴを表示させる必要があります。

たとえば、あるタブにプレイスのリストを表示し、別のタブにそれらのプレイスを Google マップ上に表示させるアプリケーションであれば、最初のタブに「Powered by Google」ロゴを表示させる必要があります。

背景が白い場合に使用 背景が白以外の場合に使用

次の ZIP ファイルには、デスクトップ版、Android 版、iOS 版の各アプリケーションに適したサイズの「Powered by Google」ロゴが収められています。 いかなる場合でも、ロゴのサイズを変更したり、ロゴに変更を加えたりすることはできません。

ダウンロード: powered-by-google.zip

アプリケーションで Zagat のロゴを使用する場合は、Zagat ブランドと属性情報のガイドラインをご覧ください。

帰属表示の要件

Google Places API Web Service では、そのレスポンスにユーザーに表示する必要があるリスティング プロバイダの属性情報が HTML 形式で含まれることがあります。 HTML に含まれているリンクはすべてそのまま保持する必要があります。 この情報は検索結果やプレイス詳細情報の下に表示することをお勧めします。

使用制限

Google Places API Web Service と Places Autocomplete は、使用制限で説明されているように割り当て量を共有します。 この使用制限は、Places Library in the Google Maps JavaScript API を使用する際にも適用されます。 1 日あたりの使用量は、クライアント側およびサーバー側のクエリの合計数で計算されます。

利用規約とプライバシー ポリシーの要件

Google Places API Web Service アプリケーションを作成する場合は、アプリケーションに利用規約とプライバシー ポリシーを明示し、Google Maps API の利用規約のセクション 9.3 に記載されているガイドラインを遵守する必要があります。

  • 利用規約とプライバシー ポリシーが明示されていること。
  • アプリケーションの利用規約に、当該アプリケーションを使用するユーザーには Google の利用規約が適用される旨が明示的に記載されていること。

  • Google Maps API の使用をプライバシー ポリシーでユーザーに通知し、参照として Google プライバシー ポリシーを組み込んでいること。

利用規約とプライバシー ポリシーをどこに組み込むべきかは、アプリケーションのプラットフォームによって異なります。 詳しくは下記をご覧ください。

モバイル アプリケーション

モバイル アプリケーションを作成している場合は、利用規約とプライバシー ポリシーのリンクを、関連するアプリケーション ストアのダウンロード ページやアプリケーションの設定メニューに組み込むことをお勧めします。

ウェブ アプリケーション

ウェブ アプリケーションを作成している場合は、利用規約とプライバシー ポリシーのリンクをウェブサイトのフッターに組み込むことをお勧めします。

コンテンツのプリフェッチ、キャッシング、保存

Google Places API Web Service を使用しているアプリケーションには、Google Maps API の利用規約が適用されます。 この規約に記載された限定的な条件以外でのコンテンツのプリフェッチ、キャッシング、インデックス登録、保存は、この規約のセクション 10.5.d で禁止されています。

プレイスを一意に識別するために使用されるプレイス ID は、キャッシングの制限の適用外です。 そのため、プレイス ID は無期限で保存できます。 プレイス ID は、Google Places API Web Service のレスポンスの place_id フィールドで返されます。

フィードバックを送信...