以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Places API Web Service をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Places API Web Service をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

Google Places API Web Service

Google Places API Web Service は、この API 内で施設、地理的位置、有名なスポットとして定義されているプレイスについての情報を HTTP リクエストを使用して返すサービスです。

API の概要

利用できるプレイス リクエストは次のとおりです。

  • プレイス検索は、ユーザーの現在地または検索文字列に基づいてプレイスの一覧を返します。
  • プレイス詳細リクエストは、ユーザーのクチコミなど、特定のプレイスに関する詳細情報を返します。
  • プレイスを追加することで、Google のプレイス データベースのデータを自分のアプリケーションのデータで補うことができます。
  • プレイスフォトでは、Google のプレイス データベースに保存されている膨大な数のプレイス関連の写真にアクセスできます。
  • プレイス オートコンプリート・リクエストを使用すれば、ユーザーの入力に応じてプレイスの名称や住所を自動的に返すことができます。
  • クエリ オートコンプリートを使用すれば、テキストベースの場所検索用のクエリ予測サービスを活用して、ユーザーの入力に応じてクエリ候補を返すことができます。

各サービスに HTTP リクエストとしてアクセスすると、JSON または XML レスポンスが返されます。プレイス サービスへのリクエストではすべて https:// プロトコルを使用し、API キーを含めてください。

Google Places API Web Service では、プレイスを一意に識別するためにプレイス ID を使用しています。この ID の Google Places API Web Service とその他の API での形式と使用方法の詳細については、プレイス ID のドキュメントをご覧ください。

使用制限と要件

Google Places API Web Service や Google Places Autocomplete API を使用するアプリケーションはすべて、デベロッパー ポリシーGoogle Maps API の利用規約に準拠する必要があります。Google Places API Web Service と Google Places Autocomplete API は、使用制限と購入で説明されているように割り当て量を共有します。

フィードバックを送信...