以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Places API Web Service をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Places API Web Service をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

Google Places API Web Service のキーを取得する

Google Places API Web Service では、API キーでアプリケーションを識別します。 リクエストにキーを含めることによって、Google API Console でのアプリケーションの API 使用状況を監視したり、十分な量の 1 日あたりの無料の割り当てを利用したり、必要な場合には、Google からアプリケーションについての問い合わせもできるようになります。

詳細については、Google API Console.をご覧ください。

標準 API のユーザーは、プロジェクトを選択して API キーを設定する必要があります。

  • Premium Plan ライセンスを購入済みの Google Places API ユーザーは、API キーGoogle Maps Premium Project(Google Maps APIs Premium Plan の注文を行った際に作成されたプロジェクト)で設定する必要があります。

まだ API の使用ライセンスを購入していない場合は、営業にお問い合わせください。

API キーを取得する

標準 Google Places API Web Service を使用する場合

Google Places API Web Service の使用を開始するには、下のボタンをクリックして、指示に従って Google Places API Web Service をアクティベートし、API キーを取得します。

キーの取得

または、次の手順で API キーを取得します。

  1. Google API Console に移動します。
  2. プロジェクトを作成または選択します。
  3. [Continue] をクリックして API を有効にします。
  4. [Credentials] ページで API キー を取得します(さらに、API キーの制限を設定します)。
    注: 制限のない既存の API キーまたはサーバーの制限が設定されたキーを所有している場合は、そのキーを使用することもできます。
  5. 割り当て量の盗用を防ぐため、ベスト プラクティスに従って API キーを保護します。
  6. (オプション)課金を有効化します。 詳細については、使用制限と課金をご覧ください。

このキーは、サーバーのコード以外で使用しないでください。 たとえば、ウェブページやモバイル アプリケーションに、このキーを埋め込まないでください。

注: Google Places API Web Service は、Android や iOS 限定の API キーでは動作しません。

Google Maps APIs Premium Plan を購入済みの場合

Google Maps APIs Premium Plan で Google Places API Web Service の使用を開始するには、下のボタンをクリックして、指示に従って API キーを取得します。

注: 使用制限を含め、Premium Plan のメリットをすべて利用するには、[Project] プルダウン メニューで、Google Maps APIs Premium Plan を購入した際に作成されたプロジェクトを選択する必要があります。*

キーの取得

または、次の手順を実行して、Premium Plan で使用する API キーを取得します。

  1. Google API Console に移動します。
  2. [Project] プルダウン メニューで、[Google Maps Premium] プロジェクトを選択します。
  3. [Continue] をクリックします。

  4. [Credentials] ページで API キー を取得します(さらに、API キーの制限を設定します)。
    注: 制限のない既存の API キーまたはサーバーの制限が設定されたキーを所有している場合は、そのキーを使用することもできます。

  5. 割り当て量の盗用を防ぐため、ベスト プラクティスに従って API キーを保護します。

また、<a class="gc-analytics-event"

  data-category="lookUpExistingKey"
  data-action="linkClick"
  data-label="body"
  href="https://console.developers.google.com/project/_/apiui/credential" target="_blank">
  Google API Console では、既存のキーを探す</a>ことができます。

Google API Console の使用に関する詳細については、API Console ヘルプをご覧ください。

API キーの制限のタイプ

Google Maps API は、Android または iOS アプリ、ウェブブラウザ、HTTP 経由のウェブサービスで使用できます。 どのプラットフォームの API でも、汎用的な(制限されていない)API キーを使用できます。 必要に応じて、API キーに制限(たとえば、IP アドレス)を追加することも可能です。 制限されたキーは、その制限のタイプをサポートするプラットフォームのみで動作します。 キーや資格情報の詳細については、こちらをご覧ください

リクエストでキーを指定する

各リクエストで key パラメータの値としてキーを渡す必要があります。

https://maps.googleapis.com/maps/api/place/nearbysearch/json
  ?location=-33.8670522,151.1957362
  &radius=500
  &types=food
  &name=harbour
  &key=YOUR_API_KEY

キーが設定されていないリクエストは失敗します。

IP アドレスを制限する

他のアプリからキーが使用され、割り当てを消費されるのを防ぐため、API キーを使用してリクエストを送信できる IP アドレスを制限することができます。

  1. Google API Console に移動します。
  2. 登録時に作成されたプロジェクトを選択します。
  3. API キーのリストで、使用しているキーを選択します。
  4. [Restrictions] セクションで、[IP addresses (web servers, cron jobs, etc.)] を選択します。

  5. [Accept requests from these server IP addresses] で、キーを受け入れる IP アドレスを 1 行に 1 つずつ入力します。 CIDR 表記を使用してサブネットを入力することもできます(例:

192.168.0.0/22)。

これらのステップは、標準プランでもプレミアム プランでも適用されます。 詳細については、価格とプランをご覧ください。

フィードバックを送信...