概要

Google Pay API for Passes を使用すると、バス、フェリー、鉄道などの乗車券でユーザーにアピールできます。このガイドで説明するコンセプトを学習することで、乗車券の機能をより深く理解できます。

乗車券を実装するには、JWT POST リクエスト メソッドを使用します。または、クラスとオブジェクトを事前に挿入するスリムな JWT リンクを使用します。

TransitClasses と TransitObjects

Google Pay API for Passes の他のカテゴリと同様に、乗車券のデータは TransitClassTransitObject の 2 つのデータ構造に格納されます。このガイドでは、乗車券をサポートするように、これらのデータ構造を使用する方法について説明します。

TransitClass

TransitClass は、クラスに関連付けられたすべてのオブジェクトを表示するために使用されるテンプレートを定義します。テンプレートは、パスのさまざまなセクションに表示するフィールドを定義します。また、オブジェクト間で共有されるロゴと発行者名も定義します。

2 種類のパスがあり、パスの 1 つ以上のセクションにそれぞれ異なるデータを表示する必要がある場合は、2 つの独立した TransitClasses を作成することをおすすめします。たとえば、1 回のみ使用できる 2 地点間のパスに使用する TransitClass と、シーズンパスに使用する別の TransitClass を作成できます。

TransitObject

TransitObject は、乗車、交通機関、乗客を表すすべてのデータを保持します。たとえば、TransitObject には、出発地、目的地、出発時刻、交通機関番号、乗客名、座席番号などが含まれます。このような値の一部は、複数の TransitObjects. で共有されます。

TransitObject に含まれるリソースは、ユーザーの Google Pay アプリに保存されます。

サポートされている国

Google Pay アプリがサポートされている国を確認するには、利用できる国のリストをご覧ください。ユーザーがチケットを購入した国や地域に基づいて、[Google Pay に保存] ボタンの表示を制限することをおすすめします。