概要

Google Pay API for Passes を使用すると、搭乗券でユーザーにアピールできます。このガイドで説明するコンセプトは、保存された搭乗券の機能をより深く理解するのに役立ちます。

このセクションでは、搭乗券のカテゴリにのみ使用できる使用例について説明します。

搭乗券を実装するには、スリムな JWT リンクを使用します。これは、クラスとオブジェクトを事前に挿入するメソッドです。

FlightClass と FlightObject

Google Pay API for Passes の他のカテゴリと同様に、搭乗券のデータは FlightObjectFlightClass の 2 つのデータ構造に格納されます。このガイドでは、フライトの搭乗券をサポートするように、これらのデータ構造を使用する方法について説明します。

FlightClass

FlightClass には、特定の日時の特定のフライトについて、すべての乗客または乗客のサブセットが共通して保持するデータが格納されます。たとえば、共通のデータには、航空会社、出発地、目的地、フライト番号、出発時刻などがあります。そのフライトのすべての乗客の搭乗券に、同じデータが記載されます。

FlightClass に、同じ飛行機の乗客のサブセットについての共通のデータを格納することもできます。たとえば、ファースト クラス、ビジネスクラス、エコノミー クラスの 3 種類の FlightClass 構造を作成できます。これにより、必要に応じて、サブセットごとに異なるフィールドを使用できます。この場合、依然として 3 つすべてのクラスが、特定の日時に同じ経路を飛行する同じ飛行機を表します。

FlightObject

FlightObject は、特定の時点に特定の飛行機で飛行する各乗客を表します。たとえば、FlightObject には、乗客名、座席番号、搭乗バーコードが含まれています。これらは乗客の搭乗券ごとに異なります。

FlightObject に含まれるリソースは、ユーザーの Google Pay アプリに保存されます。

サポート対象国

フライトの搭乗券をサポートしている国や地域を確認するには、利用できる国のリストをご覧ください。ユーザーがチケットを購入した国や地域に基づいて、[Google Pay に保存] ボタンの表示を制限することをおすすめします。