プレミアム プランのレポート

注: Google Maps Platform プレミアム プランは、新規のお申し込み時や新規のお客様はご利用いただけません。

レポートツール

このページは、2016 年 1 月にリリースされた新しい Google Maps Platform プレミアム プランをお使いのお客様のみを対象としています。

Google Maps Platform プレミアム プランでは、複数のレポートツールを利用して、さまざまな種類の使用状況データを参照できます。

Google Cloud Console の使用状況レポート

Cloud Console の [指標] ページには、次の情報が表示されます。

  • クライアント ID または API キーを使用した API リクエストの使用状況データ
  • API ごとの日別および月別 Maps API 合計使用回数(1 日後に反映)
  • API ごとの日別および月別 Maps APIs Credits 合計使用回数(3 日後に反映)
  • クライアント ID を使用するウェブサービス リクエストのエラーレポート
  • Maps JavaScript API、Image API(Maps Static API、Street View Static API)、ウェブサービス API に関するチャネル レポート

Cloud Console の指標

Cloud Console の指標では、API キーを使用している API の使用状況データをリアルタイムで参照できます。この指標で参照できるのは、最長 30 日間分のデータのみです。

Cloud Console の指標を表示するには、Cloud Console の [指標] ページに移動します。 Google Maps API を選択し、[使用量] をクリックします。

レポートツールの概要

以下の表に、各レポートツールで参照できるデータの種類と対象期間をまとめています。

ID レポートツール 使用状況データ リアルタイム 1 日後 3 日後
クライアント ID サポート ポータルの使用状況レポート リクエスト ✔
Maps APIs Credits ✔
リクエスト エラー(ウェブサービス) ✔
チャネル ✔
Support Portal Analytics Maps Analytics Maps JavaScript API ✔
API キー サポート ポータルの使用状況レポート リクエスト ✔
Maps APIs Credits ✔
Google Cloud Console のレポート リクエスト ✔
成功したリクエスト ✔