概要

キャンペーン マネージャー 360 では、広告が配信された後にユーザーが事前定義されたアクションを実行すると、Floodlight アクティビティと呼ばれるタグによってコンバージョンが記録されます。記録される一般的なアクションには、オンライン ストアでアイテムを購入する、ウェブページにアクセスしてオンライン フォームで詳細情報をリクエストするなどがあります。一般的に、Google がトラッキングするコンバージョンはオンラインで始まりオンラインで終わります。

しかし広告主様によっては、オンラインでコンバージョンが開始され、オフラインで終わる場合があります。たとえば、ユーザーがオンラインで商品を調べて広告をクリックした後、電話や小売店で購入する場合などです。その場合、トランザクションのオンライン部分についてはキャンペーン マネージャー 360 にデータがありますが、オフライン部分についてはデータがなく、結果的にコンバージョンが記録されません。

これに対処するため、広告主はキャンペーン マネージャー 360 API の Conversions サービスを利用して、コンバージョンのオフライン部分に関する情報を直接キャンペーン マネージャー 360 に提供できます。

事前準備

Conversions サービスを利用するには、以下の手順を完了しておく必要があります。

  1. スタートガイドに沿って API プロジェクトを作成して認証します。
  2. キャンペーン マネージャー 360 のユーザー プロフィールに、必要なユーザー役割の権限が付与されていることを確認します。必要であれば、キャンペーン マネージャー 360 のアカウント管理者に連絡して次の権限を有効にしてもらいます。
    • オフライン コンバージョンの挿入 - batchinsert で新しいオフライン コンバージョンをアップロードすることを許可します。
    • オフライン コンバージョンの更新 - batchupdate で既存のオフライン コンバージョンを変更することを許可します。

コンバージョンとアクティビティをマッチさせる

オフライン コンバージョンは、キャンペーン マネージャー 360 の対応するオンライン アクティビティとマッチさせる必要があります。これらのアクティビティは、floodlightActivityId と、対応する floodlightConfigurationId で参照します。

オフライン コンバージョンをトラッキングするアクティビティがまだ存在しない場合は、API の FloodlightActivities サービスを使用して作成することができます。作成方法の例については、一般的な入稿タスクのガイドをご参照ください。オフライン コンバージョン専用のアクティビティを作成することが強く推奨されます。

クリック ID、デバイス ID、ユーザー ID を取得する

オフライン コンバージョンは、クリック ID、デバイス ID、またはユーザー ID に関連付ける必要もあります(一度に使用できる ID は 1 つのみです)。以下では、これらの ID を取得する一般的な方法について説明します。

Google クリック ID を使用する

Google クリック ID(GCLID)を使用して、コンバージョンを広告クリックに関連付けることができます。GCLID は、Google 広告または検索広告 360 から取得できます。

Google Click ID は gclid フィールドに渡す必要があります。

マッチ ID を使用する

Floodlight の match_id 機能を使用して Google と同期した独自の自社 ID が、コンバージョンにつながる場合があります。

モバイル デバイス ID を使用する

広告デバイス ID を使用して、コンバージョンをモバイル デバイスに直接関連付けることができます。サポートされている ID は次のとおりです。

この ID は mobileDeviceId フィールドで渡す必要があります。

%m 一致マクロを使用する

%m マクロは、クリエイティブのクリックスルー URL またはリダイレクト URL に挿入できます。クリック イベントが発生すると、このマクロは広告サーバーによって暗号化されたユーザー ID 内に展開されます。その後、暗号化されたユーザー ID をリダイレクト URL から直接取得できます(サーバーログからも取得できます)。

%m マクロで取得した ID は、encryptedUserId フィールドまたは encryptedUserIdCandidates[] フィールドで渡す必要があります。

Data Transfer を使用する

Data Transfer は、イベントレベルの広告サーバー ログデータに対するアクセスを可能にするキャンペーン マネージャー 360 の機能です。このデータは個別のフィードを介して配信され、各フィードは単一の Data Transfer ファイルで構成されます。これらのファイル内で、記録された個々のイベントが暗号化されたユーザー ID と関連付けられます。

Data Transfer ファイルで提供されるユーザー ID を使用するには、オンラインの広告サーバー イベントをオフライン システム内の特定のイベントとマッチさせる仕組みが必要になります。それには通常、カスタム Floodlight 変数を使用します。この変数には、ユーザー アクションを一意に識別する値を動的に挿入できます。ワークフローを単純化すると、次のようになります。

  1. Floodlight アクティビティ タグが呼び出され、トランザクションの開始を示します。タグには、トランザクションを一意に識別するために指定したカスタム変数値が格納されます。
  2. トランザクションがオフラインで処理されて完了するまで、同じ ID が維持されます。
  3. トランザクションの完了時に記録された ID により、元の Floodlight アクティビティが記録された Data Transfer アクティビティ ログファイル内のマッチするエントリが特定されます。

Data Transfer ファイルから取得した ID は、encryptedUserId フィールドまたは encryptedUserIdCandidates[] フィールドで渡す必要があります。