通話の管理

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ユーザーが電話に出るか、発信すると、電話ステータス画面とコントロール バーが表示されます。

ステータス画面には通話情報が表示されます。コントロール バーには、発信と着信の両方を管理、終了するオプションが表示されます。着信時は、ステータス画面とコントロール バーにより、2 つの通話を切り替えたり、着信した通話をグループ通話に結合したりできます。


通話中のステータス画面

ユーザーが電話に出るか、発信すると、電話アプリケーションには通話中の通話中ステータス画面が表示されます。この画面には次の要素が含まれます。

  • 連絡先情報(連絡先がわかっているかどうかに応じて、特定の情報か一般的な情報か)
  • 通話ステータス(接続状態または通話時間)
  • 通話を管理または終了するための通話コントロール バー
コントロール バーが表示された通話ステータス画面
電話が終わるまで、[電話] の通話ステータス画面が表示され、連絡先に関する情報、通話ステータス、通話管理オプションが表示されます

連絡先情報

通話中のステータス画面に表示される連絡先情報は、電話アプリが連絡先を認識しているかどうかによって異なります。

認識済みの連絡先の通話画面
電話アプリに連絡先の確認が行われると、連絡先の名前とアバター、および電話番号とカテゴリ(モバイル、職場、自宅)が表示されます
不明な連絡先の通話画面
電話アプリには、認識できない連絡先について、発信元の電話番号と地理情報のみが表示されます

通話ステータス

連絡先情報の下に、通話のステータスに関する情報が表示されます。表示されるステータス メッセージは次のとおりです。

ステータス メッセージ 説明
発信しています... ユーザーが発信していて、まだ電話に出ていない
着信しています... ユーザーは着信を受け、[電話を受ける] または [拒否] ボタン(通話中画面に表示されます)を選択する必要があります。

注: このステータスとボタンのセットは、ユーザーが着信に応答するか、[拒否] ボタンを選択せずに着信通知をタップした場合にのみ表示されます。
00:10

(その他の時間、分、秒)
指定された時間、このユーザーは通話中に接続されています

グループ通話ステータス画面

グループ通話のときは、通話中のステータス画面に、各発信者のアバター、名前(わかる場合)、電話番号が表示されます。画面の上部にあるステータスバーに、グループ通話に追加された発信者の数と通話時間が表示されます。

発信者 2 人のグループ通話
発信者が 2 人(既知の連絡先が 1 人、不明な連絡先が 1 人)のグループ通話

通話が終了するまで、通話ステータス画面と通話管理オプションは表示されます。

コントロール バーのオプション

通話コントロール バーでは、ユーザーが通話を管理できます。通話の終了など、ユーザーが通話中に行える操作を管理できます。

インコール コントロール バーの構造
通話コントロール バー

以下の表は、各コントロール バーのオプションを示しています。

コールアウト コントロール バーの要素 内容
1 ミュート / ミュート解除 通話中に自身をミュートまたはミュート解除できます
2 ダイヤルパッド 通話中にダイヤルパッドにアクセスできるようにします(番号が付いたメニュー オプションから選択するなど)
3 通話を終了 通話を終了する
4 オーディオ ソース 通話を車載スピーカーで聞くか、スマートフォンの標準音声出力で聞くかを選択できます
5
または
を一時停止 / 長押し 統合
通話を終了せずに、進行中の通話を一時停止することを許可します。

複数の通話を組み合わせてグループ通話に参加できます