Apps Script 関数の実行

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Apps Script API(および以前の Apps Script Execution API)を使用すると、アクセスできるスクリプト プロジェクトで関数をリモートで実行できます。アプリは、必要に応じて特定の Apps Script 関数を呼び出し、入力パラメータを指定して、返されたレスポンスを受け取ることができます。

このページの例は、API を使用して一般的な実行オペレーションを実現する方法を示しています。特別な認証要件などの詳細については、関数の実行ガイドをご覧ください。

以下の例では、scriptId プレースホルダを使用して、スクリプト プロジェクト ID を指定する場所を示しています。スクリプト ID を確認する手順は次のとおりです。

  1. Apps Script プロジェクトで、左上のプロジェクト設定アイコン をクリックします。
  2. [スクリプト ID] の横にある [コピー] をクリックします。

関数を実行

次の scripts.run リクエストでは、listFolderContent という名前の Apps Script 関数を呼び出し、ドライブの folderId と整数 MAX_SIZE を引数として渡しています。この関数は開発モードで実行されます。つまり、実行可能としてデプロイされているバージョンに関係なく、最後に保存されたバージョンの関数が実行されます。

リクエスト プロトコルは次のとおりです。関数の実行ガイドでは、Google API クライアント ライブラリを使用してさまざまな言語で実行リクエストを実装する方法を説明しています。

POST https://script.googleapis.com/v1/scripts/scriptId:run
{
  "function": "listFolderContent",
  "parameters": [
    folderId,
    MAX_SIZE
  ],
  "devMode": true
}

呼び出された Apps Script 関数が完了すると、このリクエストのレスポンスに実行結果またはエラー レスポンスが含まれます。この例では、関数はファイル名の配列を正常に返します。

{
  "response": {
    "result": [
      "fileTitle1",
      "fileTitle2",
      "fileTitle3"
    ]
  },
}

Apps Script の実行中に関数でエラーが発生した場合、レスポンスは次のようになります。

{
  "response": {
    "error": {
      "code": 3,
      "message": "ScriptError",
      "details": [{
        "@type": "type.googleapis.com/google.apps.script.v1.ExecutionError",
        "errorMessage": "The script enountered an exeception it could not resolve.",
        "errorType": "ScriptError",
        "scriptStackTraceElements": [{
          "function": "listFolderContent",
          "lineNumber": 14
        }]
      }]
    }
  }
}