概要

このドキュメントでは、Google アナリティクス Reporting API v4 について説明します。API の詳細なリファレンスについては、リファレンス ガイドをご覧ください。

はじめに

Google アナリティクス Reporting API v4 は、Google アナリティクス のレポートデータにアクセスするための最も高度な プログラマティック メソッドです。 Google アナリティクス Reporting API では、次のことが可能です。

  • Google アナリティクスのデータを表示するカスタマイズされたマイレポートを作成する。
  • 複雑なレポートタスクを自動化して時間を節約する。
  • Google アナリティクスのデータを他のビジネス アプリケーションと統合する。

機能

Google アナリティクスは、強力なデータ レポート インフラストラクチャを基盤にして 構築されています。Google アナリティクス プラットフォームの機能は、 Google アナリティクス Reporting API v4 を通じて利用できます。 この API の主な機能を次に示します。

  • 指標の式

    組み込みの指標だけではなく、 数値演算で表現された指標の組み合わせも リクエストできます。たとえば、式 ga:goal1completions/ga:sessions を使用して、セッション数あたりの目標完了数を リクエストできます。

  • 複数の期間

    1 回のリクエストで 2 つの期間の データを取得できます。

  • コホートおよびライフタイム バリュー

    豊富なボキャブラリを使用して、コホートおよびライフタイム バリュー レポートをリクエストできます。

  • 複数のセグメント

    1 回のリクエストで複数のセグメントを 取得できます。

使用するアナリティクス Reporting API のバージョンの選択

新規アプリケーションを作成する

アナリティクス Reporting API v4 を使用する利点には、次のようなものがあります。

  • API v4 は、ライフタイム バリュー、コホート、 高度なセグメント レポートなど、充実した機能セットを備えています。
  • 新しい機能の開発では、必ず API v4 が使用されます。

既存のアプリケーションを移行して API v4 を使用する

  • アプリケーションで Core Reporting API v3 を使用している場合は、 API v4 に移行すれば v4 の新機能を利用できます。
  • v4 では、v3 のセグメントフィルタの構文がサポートされているため、API v3 から API v4 への移行 は簡単に行えます。

v3 以前のバージョンの API を使用する

  • アナリティクス Reporting API v4 は、v3 の他の API(Management APIMetadata API など) から独立しているため、 別個にクライアント ライブラリが必要です。スペースに制約があるアプリケーション (モバイル アプリケーション)を作成する場合は、この点が API v3 を使用する 際の考慮事項になります。
  • 古いバージョンの API は引き続きサポートされますが、今後の新機能の開発は、 API v4 を対象に行われます。
  • API v3 のサポートに関して、なんらかの変更があった場合は、変更履歴で 発表されます。

次のステップ

クイック スタート ガイド

次の表に示すクイック スタート ガイドをご利用になると、作業を簡単に始めることができます。プログラム言語とアプリケーションの種類を選択してください。

サービス アプリケーション インストール済みアプリケーション ウェブ アプリケーション
Java Java --
Python Python --
PHP -- PHP
-- -- JavaScript

アナリティクス Reporting API v4 の使い方を詳しく理解するには、 レポートの作成をご覧ください。