仮想ページビューを UA から GA4 に移行する

ウェブサイトが動的にページ コンテンツを読み込んでドキュメントの URL を更新する場合は、追加のページビューを送信することでこれらの「仮想ページビュー」を測定できます。

UA と GA4 の仮想ページビューの比較

ユニバーサル アナリティクスで「仮想ページビュー」を測定する場合は、仮想ページビューのトラッキングで説明されているように、コンテンツが変わったときに追加のコマンドが送信されます。

Google アナリティクス 4 の場合は、拡張計測機能を使用するか、コードを使ってページビューを手動で送信します。ほとんどの場合、拡張計測機能があればページビューの測定は十分に可能であり、UA の仮想ページビューに関連するコードは削除できます。 詳しくは、GA4 で仮想ページビューを測定する方法をご覧ください。

UA と GA4 の仮想ページビューの例

GA4 で仮想ページビューを測定する場合、次の例では、ユニバーサル アナリティクスと Google アナリティクス 4 の仮想ページビューのプロパティを比較しています。主な違いは、page_path パラメータと page_location パラメータです。


// Universal Analytics property.
gtag('config', 'UA-XXXXX-YY', {
  page_title: 'My Profile',
  page_path: '/me'
});

// Google Analytics 4 property.
gtag('config', 'G-XXXXXXXXXX', {
  page_title: 'My Profile',
  page_location: 'https://example.com/me'  // Full URL is required.
});