UserDeletion.userDeletionRequest

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このリソースのメソッドの一覧については、このページの最後をご覧ください。

リソース表現

{
  "kind": "analytics#userDeletionRequest",
  "id": {
    "type": string,
    "userId": string
  },
  "webPropertyId": string,
  "firebaseProjectId": string,
  "deletionRequestTime": datetime
}
プロパティ名 説明 備考
deletionRequestTime datetime Google アナリティクスが削除リクエストを受信した時間をマークします。
firebaseProjectId string Firebase プロジェクト ID。
id object ユーザー ID。
id.type string ユーザーのタイプ。APP_INSTANCE_ID、CLIENT_ID、または USER_ID になります。
id.userId string ユーザーの ID。
kind string 値は "analytics#userDeletionRequest" です。
webPropertyId string UA-XXXXX-YY 形式のウェブ プロパティ ID。

メソッド

upsert
ユーザー削除リクエストを挿入または更新します。