Management API の概要

このドキュメントでは、Google アナリティクス Metadata API バージョン 3.0 の概要を説明します。

はじめに

アナリティクスの Management API を使用すると、プログラムによって Google アナリティクスの設定データにアクセスすることができます。この API を使って開発したアプリーションでは、大規模な構成や複雑な構成のアナリティクス アカウントを効率的に管理できるようになります。 多くのプロパティを持つ大企業はアカウント設定を自動化することができ、レポート作成アプリケーションを開発する場合にも、Management API がアカウントを操作するツールを提供します。

Google アナリティクス Management API は、以下の用途で使用できます。

  • ユーザーのアカウント、プロパティ、ビュー(旧プロファイル)の情報をすべて一覧表示する。
  • プロパティ、ビュー(旧プロファイル)、目標を管理する。
  • アカウントの階層構造に対するユーザー権限を管理する
  • Core Reporting API で使用するビュー(旧プロファイル)の ID を取得する。
  • アクティブな目標を特定し、その目標に設定されている名前にアクセスする。
  • アナリティクスのプロパティと AdWords アカウントのリンクを管理する。
  • リマーケティング ユーザーリストを管理する。

Google アナリティクス Management API を使用する前に、アナリティクスのアカウント構造について理解する必要があります。Google アナリティクス アカウントは複数のレベルから構成され、Management API は各レベルのエンティティをプログラムによって操作する方法を提供します。

Management API の使用

Google アナリティクス API を使用するには、まず Developer Console でプロジェクトを作成する必要があります。作成の過程で、開発するアプリケーションの種類(ウェブ アプリケーションサービス アプリケーション、またはインストール済みアプリケーション)を指定します。Developer Console ではガイドに従って適切な認証キーを作成することができます。Google アナリティクス API は承認と認証のために OAuth 2.0 プロトコルを使用しており、API には各種言語でのクライアント ライブラリが用意されています。クライアント ライブラリを利用すれば、アプリケーションが適切なスコープで Google アナリティクス データにアクセスできるよう、ユーザーによるアプリケーションの承認を行う適切なフローを構築できます。

ドキュメントの利用

このドキュメントおよび関連するガイドでは、アプリケーションを正しく動作させるまでの基本情報から、API を利用してアカウントユーザーデータの管理などを実行するための情報まで、さまざまなトピックを提供しています。それ以外にも、各 API エンドポイントのすべてのパラメータの詳細情報や API のサンプルコードを含む一連の参考資料をご利用いただけます。

次のステップ

新しい API を使ってアプリケーションを完成させるまでの過程で問題に遭遇することは珍しくありません。以下のセクションでは、短期間での習得を支援するクイック スタートガイドを紹介しています。以下からプログラム言語とアプリケーションの種類を選択してください。

サービス アプリケーション インストール済みアプリケーション ウェブ アプリケーション
Java Java -
Python Python -
PHP - PHP
- - JavaScript