トラッキングの無効化

gtag.js トラッキング スニペットは削除せずに、Google アナリティクスによるページのトラッキングを無効にしなければならないことがあります。たとえば、サイトのプライバシー ポリシーにより、ユーザーが Google アナリティクスによるトラッキングの無効化を選択できるようになっている場合などです。

gtag.js ライブラリには window プロパティが含まれており、このプロパティを true に設定すると、gtag.js による Google アナリティクスへのデータ送信が無効化されます。Google アナリティクスは、Cookie の設定や Google アナリティクスのサーバーへのデータの送信を試みる際、まずこのプロパティが設定されているかどうかをチェックし、値が true に設定されている場合は処理を中止します。

トラッキングを無効化する場合は、次の window プロパティを true に設定します。

window['ga-disable-GA_TRACKING_ID'] = true;

GA_TRACKING_ID は、無効化するプロパティのトラッキング ID に置き換えてください。

この window プロパティは、gtag() への呼び出しの前に設定する必要があります。また、Google アナリティクスのトラッキングを無効化したいすべてのページで設定する必要があります。プロパティが設定されていない場合やプロパティが false に設定されている場合は、通常どおりトラッキングが行われます。