gtag.js を使用したページ トラッキング

ページ トラッキングを使用すると、ウェブサイトの特定のページが表示された回数を測定できます。このガイドでは、gtag.js を使用して Google アナリティクス用にページ トラッキングを実装する方法を説明します。

実装

グローバル トラッキング スニペットに含まれる次のコードは、トラッキング ID が GA_TRACKING_ID の Google アナリティクス プロパティにページビューを自動的に送信します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');

gtag.js がページビューを自動的に送信しないようにするには、send_page_viewfalse に設定します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', { 'send_page_view': false });

複数の Google アナリティクス プロパティにページビューを送信するには、各プロパティの config を指定します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_1');
gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_2');

ページビュー パラメータ

次の表は、ページビュー パラメータの一覧です。

パラメータ名 値の型 必須 説明
page_title string × ページのタイトル。
page_location string × ページの URL。
page_path string × location のパス部分。値の最初に スラッシュ(/)を付ける必要があります。

これらのパラメータは、プロパティの config を更新し、手動で上書きするパラメータの値を設定することで設定できます。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', {
  'page_title': 'homepage',
  'page_location': 'http://foo.com/home',
  'page_path': '/home'
});

次のステップ

イベントをトラッキングする方法を確認します。