サイトに gtag.js を追加する

グローバル サイトタグ(gtag.js)は、Google アナリティクス、AdWords、DoubleClick にイベントデータを送信できる、JavaScript のタグ設定フレームワークおよび API です。このページでは、gtag.js を使ってサイトを Google アナリティクスでのトラッキング向けに設定する方法を説明します。gtag.js についての一般的な(各サービスに関する情報に限らない)ドキュメントをお探しの場合は、gtag.js デベロッパー ガイドをご覧ください。

グローバル トラッキング スニペットをインストールする

グローバル トラッキング スニペットをインストールするには、次のコードをコピーして、サイトの全ページで <head> タグの直後に貼り付けます。GA_TRACKING_ID は、データの送信先にする Google アナリティクス プロパティのトラッキング ID に置き換えます。各ページに必要なグローバル スニペットは 1 つだけです。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
</script>

このコードでは、gtag.js ライブラリを読み込み、GA_TRACKING_ID をデフォルトの Google アナリティクス プロパティ ID に設定し、Google アナリティクスにページビュー ヒットを送信します。

ページビュー トラッキングを無効化する

このコードのデフォルトの動作は、Google アナリティクスにページビュー ヒットを送信することです。ほとんどの場合はこのままの動作で問題ありません。サイトの各ページにコードを追加すれば、以降は自動的にページビューがトラッキングされます。なんらかの理由で、Google アナリティクスにページビュー ヒットが送信されないようにしたい場合は、send_page_view パラメータを false に設定します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', { 'send_page_view': false });

追加の Google アナリティクス プロパティを設定する

デフォルト状態では、このコードで設定される Google アナリティクス プロパティは 1 つだけです。Google アナリティクス プロパティをもうひとつ設定する場合は、次のように config コマンドを追加します(GA_TRACKING_ID_2 は追加するプロパティのトラッキング ID)。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_2');