サイトに gtag.js を追加する

グローバル サイトタグ(gtag.js)は、ウェブページのタグ設定を合理化するためのフレームワークを提供します。gtag.js を使用することで、タグの管理や実装が容易になり、公開された最新のトラッキング機能や統合のメリットをすぐに活用できるようになります。

グローバル トラッキング スニペットをインストールする

gtag.js を使用してサイトをトラッキングするには、次のスニペットをコピーし、サイトの各ページの <head> タグの直後に貼り付けて gtag.js をインストールします。GA_TRACKING_ID は、データを送信する Google アナリティクス プロパティのトラッキング ID に置き換えます。各ページに必要なグローバル スニペットは 1 つだけです。

<!-- Global Site Tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=GA_TRACKING_ID"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments)};
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
</script>

スニペットの次のコードについて説明します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');

このコードには、次の役割があります。

  • トラッキング ID GA_TRACKING_ID で Google アナリティクス プロパティを設定し、event コマンドによって送信されたデータを受信するデフォルトのプロパティとして定義します。

  • デフォルトのプロパティにページビューを送信します。

gtag.js がページビューを Google アナリティクスに送信しないようにするには、send_page_view パラメータを false に設定します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', { 'send_page_view': false });

トラッキング ID GA_TRACKING_ID_2 で 2 つ目の Google アナリティクス プロパティを設定するには、スニペットの末尾に次のコードを追加します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_2');

スニペットの次のコードについて説明します。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID');
gtag('config', 'GA_TRACKING_ID_2');

このコードには、次の役割があります。

  • トラッキング ID GA_TRACKING_IDGA_TRACKING_ID_2 で Google アナリティクス プロパティを設定し、event コマンドで送信されたデータを受信するためのデフォルトのプロパティとして定義します。

  • デフォルトのプロパティにページビューを送信します。

次のステップ

Google アナリティクスにデータを送信する方法を確認します。