トラッキング コード: イベント トラッキング

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このリファレンスでは、Google アナリティクスのレポートでイベント トラッキングを設定する方法について説明します。

GATC イベント トラッキング メソッド

  • _trackEvent(category, action, opt_label, opt_value, opt_noninteraction)

ルーティング方法の詳細

onClick

    _trackEvent(category, action, opt_label, opt_value, opt_noninteraction)

    イベント トラッキングの呼び出しを作成して、Google アナリティクス トラッキング コードに送信します。Flash 動画ムービー コントロールの操作や、ページ リクエストをトリガーしないユーザー イベントなど、ウェブページの訪問とは関係のないウェブサイトのユーザー行動をトラッキングします。イベント トラッキングの詳細については、イベント トラッキング ガイドをご覧ください。

    opt_labelopt_valueopt_noninteraction のオプション パラメータを使用できます。2 番目または 3 番目のオプション パラメータにのみ値を指定する場合は、前のオプション パラメータに undefined を渡す必要があります。

    パラメータ

      String   category 一般的なイベント カテゴリ(「動画」など)

      String
        action
      イベントに対するアクション(「Play」など)。

      String
        opt_label
      イベントのオプション記述子。

      Int
           opt_value
      イベントに関連付けられた任意の値。サマリー レポートでは、イベント値を概要レポート、カテゴリ レポート、アクション レポートで確認できます。レポートの値に応じて、イベント別に一覧表示したり、イベント全体で集計したりできます。

      Boolean  opt_noninteraction デフォルト値は false です。デフォルトでは、_trackEvent() から送信されたイベントヒットは訪問者の直帰率に影響します。このパラメータを true に設定すると、このイベントヒットを直帰率の計算に使用しません。

      戻り値

        イベントが正常に送信されたかどうか Boolean