ユーザー オプトアウト

場合によっては、JavaScript トラッキング スニペットを削除せずにページ上の Google アナリティクスのトラッキング コードを無効にする必要があります。たとえば、ユーザーが Google アナリティクスによるトラッキングのオプトアウトを選択できる記載がサイトのプライバシー ポリシーにある場合などです。

サイトのトラッキングをオプトアウトする

analytics.js ライブラリにはウィンドウ プロパティが含まれており、このプロパティを true に設定すると、analytics.js による Google アナリティクスへのデータ送信が無効になります。Google アナリティクスは、Cookie の設定時や Google アナリティクスのサーバーへのデータの送信時に、このプロパティが true に設定されているかどうかをチェックします。true に設定されている場合、トラッキングが行われません。

トラッキングを無効にするには、次の window プロパティを true に設定します。

window['ga-disable-UA-XXXXX-Y'] = true;

ここで、値 UA-XXXXX-Y は、トラッキングを無効にするプロパティ ID に対応します。

この window プロパティは、ga() コマンドキューの呼び出しが行われる前に、Google アナリティクス トラッキングを無効にするすべてのページで設定する必要があります。プロパティが設定されていない場合やプロパティが false に設定されている場合は、通常どおりトラッキングが行われます。

すべてのサイトのトラッキングをオプトアウトする

ソースコードを変更できないサイトを含めて、すべてのサイトで Google アナリティクス トラッキングをオプトアウトするには、Google アナリティクス オプトアウト アドオンをインストールします。