ソーシャル インタラクション

このガイドでは、analytics.js を使用してソーシャル インタラクションを測定する方法について解説します。

概要

ソーシャル インタラクション アナリティクスでは、ウェブページに埋め込まれているソーシャル ボタンをユーザーがクリックした回数を測定することができます。たとえば Facebook の「いいね!」や Twitter の「ツイート」のクリック数を測定できます。

イベント トラッキングでも一般的なユーザーの接点は測定できますが、ソーシャル解析を利用すると、ソーシャル インタラクションを一貫性のあるフレームワークで記録できます。これにより、一連のレポートを参照して、複数のネットワークをまたいでソーシャル インタラクションに関するデータを比較できます。

Google アナリティクスのソーシャル インタラクションについて不明点がある場合、またはソーシャル ネットワーク、操作、ターゲットに使用する値がわからない場合は、まずアナリティクス ヘルプセンターソーシャル プラグインと接点についてをご覧ください。

実装

ソーシャル インタラクション ヒットは、send コマンドを使用して hitTypesocial を指定することで送信できます。social ヒットタイプの場合、send コマンドのシグネチャは次のようになります。

ga('send', 'social', [socialNetwork], [socialAction], [socialTarget], [fieldsObject]);

ソーシャル インタラクション フィールド

次の表にソーシャル インタラクション フィールドをまとめます。

フィールド名 値の型 必須 説明
socialNetwork テキスト はい 操作が発生するネットワーク(Facebook や Twitter など)。
socialAction テキスト はい 発生した操作の種類(いいね!、送信、ツイートなど)。
socialTarget テキスト はい ソーシャル インタラクションのターゲットを指定します。通常この値は URL となりますが、それ以外のテキストを入力することも可能です(例: http://mycoolpage.com)。

各フィールドの詳細については、アナリティクス ヘルプセンターのデータ収集をご覧ください。

次のコマンドでは、サイト http://myownpersonaldomain.com の Facebook の「いいね!」ボタンがクリックされたことを示すソーシャル インタラクション ヒットを Google アナリティクスに送信しています。

ga('send', 'social', 'Facebook', 'like', 'http://myownpersonaldomain.com');

すべての send コマンドと同様に、フィールドを簡便なパラメータに渡して fieldsObject に指定できます。上のコマンドは、次のように書き換えることができます。

ga('send', {
  hitType: 'social',
  socialNetwork: 'Facebook',
  socialAction: 'like',
  socialTarget: 'http://myownpersonaldomain.com'
});

Facebook

公式の Facebook の「いいね!」ボタンを使用する場合は、次のように edge.create イベントを登録することにより、「いいね!」操作の発生時に通知を受け取ることができます。

FB.Event.subscribe('edge.create', function(url) {
  ga('send', 'social', 'facebook', 'like', url);
});

詳細については、Facebook JavaScript SDK をご覧ください。

Google+

Google アナリティクスには、+1 ボタン用のレポート機能がデフォルトで組み込まれています。このため、analytics.js と +1 ボタンを同じページ上に実装している場合には、ページ上の各トラッカーを介して +1 の使用状況がすべて自動的にソーシャル インタラクションとして記録されます。+1 分析に関する詳しい情報(問題解決の方法など)については、ヘルプセンターのソーシャル解析についてをご覧ください。