例外のトラッキング

このガイドでは、analytics.js を使用して例外を送信する方法について解説します。例外のトラッキングを使用すると、プロパティで発生した障害やエラーの件数と種類を測定できます。

実装

例外のヒットは、send コマンドを使用して、hitTypeexception を指定することで送信できます。exception ヒットタイプの場合、send コマンドのシグネチャは次のようになります。

ga('send', 'exception', [fieldsObject]);

例外フィールド

次の表に例外フィールドをまとめます。

フィールド名 値の型 必須 説明
exDescription テキスト いいえ 例外の説明。
exFatal ブール値 いいえ 例外が致命的の場合は true

次のコマンドでは、失敗する可能性がある一部のロジックを try / catch ブロックでラップしています。エラーが発生した場合は、Google アナリティクスに例外ヒットが送信されます。

try {
  // Runs code that may or may not work.
  window.possiblyUndefinedFunction();
} catch(err) {
  ga('send', 'exception', {
    'exDescription': err.message,
    'exFatal': false
  });
}