テストモード

adBreak() の統合をテストする

adBreak() API を使用する JavaScript コードをテストするために、adsbygoogle.jsdata-adbreak-test="on" 属性を追加することで有効にできるテストモードが用意されています。

<script async
      data-ad-client="ca-pub-123456789"
      data-adbreak-test="on"
      src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
</script>
<script>
   window.adsbygoogle = window.adsbygoogle || [];
   var adBreak = adConfig = function(o) {adsbygoogle.push(o);}
</script>

テストモード:

  • ローカルテストを困難にする保護を無効にします(フリークエンシー キャップなど)。
  • 実際の広告をリクエストするのではなく、疑似広告を表示します。

: テストモードでは、広告リクエストを Google サーバーに送信せずにクライアント側の JavaScript のみをテストできます。AdSense コードの誤設定(無効な「data-ad-client」など)に関する問題を検出することはできません。

テストモードは、広告が読み込まれる状況と広告が読み込まれない状況の 2 つのシナリオで繰り返されます。これは、広告が常に利用できるとは限らない実際の環境をエミュレートするためです。