承認の認証情報を取得する

 YouTube Data API を使用するには、アプリケーションの承認認証情報が必要です。ここでは、Google Developers Console がサポートする承認認証情報のタイプについて説明します。プロジェクトの承認認証情報を検索または作成する方法も説明しています。

プロジェクトを作成して API サービスを選択する


  1. Google Developers Console に移動します。
  2.  プロジェクトを選択します。
  3.  左のサイドバーで、[API·と認証] を選択します。

    API のリストでは、YouTube Data API v3 のステータスが ON であることを確認してください。
  4.  左のサイドバーで、[認証情報] を選択します。
  5. API は、2 種類の認証情報をサポートしています。 自分のプロジェクトに必要な、いずれかの認証情報を作成します。
    • OAuth 2.0: アプリケーションは OAuth 2.0 トークンを、非公開のユーザー情報にアクセスするリクエストと共に送信しなければなりません。アプリケーションはクライアント ID と、場合によってクライアント シークレットを、トークンを取得するために送信します。ウェブ アプリケーション、サービス アカウント、インストール型アプリケーションで使用する OAuth 2.0 認証情報を作成できます。

    • API キー: OAuth 2.0 トークンを提供しないリクエストは、API キーを送信しなければなりません。 キーはプロジェクトを識別し、API アクセス、割り当て、およびレポートを提供します。

      既存のキーの中に必要なキー タイプがない場合は、[新しいキーを作成] を選択して API キーを作成してから、適切なキー タイプを選択します。次に、そのキー タイプに必要な追加データを入力します。