5 分でよろしいですか?簡単なオンライン アンケートにご回答いただき、Google Workspace Marketplace のドキュメントの改善にご協力ください。

概要: アプリを公開する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アプリの掲載情報を公開する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud プロジェクトを設定します(まだ設定していない場合)。
  2. Google Cloud プロジェクトで、OAuth 同意画面に入力して OAuth 2.0 認証情報を作成し、OAuth 検証用にアプリを送信します。
    1. Google API にアクセスするすべての公開アプリは、Google の API サービスのユーザーデータに関するポリシーに規定されているとおり、ID と意図を正確に反映していることを確認する必要があります。 アプリが使用するスコープによっては、より詳細な OAuth 検証プロセスが必要になることがあります。詳しくは、OAuth API の確認をご覧ください。
    2. アプリが承認された後、OAuth 同意画面に表示される情報を変更した場合、更新を OAuth 同意画面に公開するには、アプリを再確認する必要があります。
  3. Google Workspace Marketplace SDK を有効にして構成します
  4. ストアの掲載情報を作成します。

    アプリを一般公開する場合は、アプリ審査にお送りください。

    アプリを組織内でのみ利用できるようにする場合は、審査は不要です。

アプリが OAuth 検証とアプリ審査に合格すると、Google Workspace Marketplace またはチャットアプリのアプリ掲載情報が Google Chat で公開されます。