Method: users.spaces.updateSpaceReadState

スペース内のユーザーの既読ステータスを更新します。既読と未読のメッセージを識別するために使用されます。

ユーザー認証が必要です。

HTTP リクエスト

PATCH https://chat.googleapis.com/v1/{spaceReadState.name=users/*/spaces/*/spaceReadState}

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
spaceReadState.name

string

スペースの読み取り状態のリソース名。

形式: users/{user}/spaces/{space}/spaceReadState

クエリ パラメータ

パラメータ
updateMask

string (FieldMask format)

必須。更新するフィールドパス。現在サポートされているフィールドパス:

  • lastReadTime

lastReadTime が最後のメッセージ作成時間よりも前である場合、UI ではスペースが未読と表示されます。

スペースを既読としてマークするには、lastReadTime を最新のメッセージ作成時刻より後の任意の値(大きい値)に設定します。lastReadTime は、最新のメッセージ作成時刻に一致するように強制変換されます。スペースの既読状態は、スペースの最上位の会話に表示されるメッセージの既読状態にのみ影響します。スレッド内の返信は、このタイムスタンプの影響を受けず、スレッドの読み取り状態に依存します。

リクエスト本文

リクエストの本文には SpaceReadState のインスタンスが含まれています。

レスポンスの本文

成功した場合、レスポンスの本文には SpaceReadState のインスタンスが含まれます。

承認スコープ

次の OAuth スコープが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/chat.users.readstate

詳しくは、承認ガイドをご覧ください。