GTFS とは

GTFS(General Transit Feed Specification)には、公共交通機関の時刻表とその地理的情報に使用される共通形式が定義されています。GTFS の「フィード」を利用することで、交通機関は乗換案内データを公開し、デベロッパーはそのデータを相互運用可能な方法で利用するアプリケーションを作成することができます。

利用方法

  1. GTFS の例に目を通します。
  2. リファレンスを参考にしながら、独自のフィードを作成します。
  3. 検証用ツールを使用して、作成したフィードをテストします。
  4. フィードを公開します。

GTFS フィードの概要

GTFS フィードは、1 つの ZIP ファイルに格納された一連のテキスト ファイルで構成されます。ファイルはそれぞれ、具体的な個々の乗換案内情報(停車地点、ルート、旅程、その他時刻表データ)の雛形となります。各ファイルの詳細は GTFS リファレンスに定義されています。フィードの例については、GTFS の例をご覧ください。交通機関は乗換案内情報をデベロッパーと共有するために GTFS フィードを作成します。一方、デベロッパーは、GTFS フィードを取り込んで乗換案内情報をアプリケーションに組み込むツールを作成します。GTFS は、ルート検索、時刻表の公開など、なんらかの方法で公共交通機関の乗換案内情報を利用する各種アプリケーションの利便性向上に役立ちます。

乗換案内フィードの一般公開

GTFS 形式のデータはさまざまなアプリケーションで使用できます。最も簡単にフィードを公開するには、ウェブ サーバー上でフィードをホストし、使用開始通知を公開します。

次では、乗換案内フィードに関するソフトウェア デベロッパー向けの情報を参照できます。

Google への乗換案内フィードの送信

交通機関を監督する公的機関の関係者の方はこの GTFS 仕様を使用することで、交通情報を表示する Google マップやその他の Google アプリケーションに、時刻表、地理情報などを提供できます。詳しくは乗換案内パートナー プログラムのウェブサイトを参照してください。