ルート最新情報(完全データセット)の例

次の例は、ルート最新情報フィード(完全データセット)の ASCII 表現です。各要素の説明を横に併記しています。

header {
  gtfs_realtime_version: "1.0"
  incrementality: FULL_DATASET
  timestamp: 1284457468
}
entity {
  id: "simple-trip"
  trip_update {
    trip {
      trip_id: "trip-1"
    }
    stop_time_update {
      stop_sequence: 3
      arrival {
        delay: 5
      }
    }
    stop_time_update {
      stop_sequence: 8
      arrival {
        delay: 1
      }
    }
    stop_time_update {
      stop_sequence: 10
    }
  }
}
entity {
  id: "3"
  trip_update {
    trip {
      trip_id: "frequency-expanded-trip"
      start_time: "11:15:35"
    }
    stop_time_update {
      stop_sequence: 1
      arrival {
        delay: -2
      }
    }
    stop_time_update {
      stop_sequence: 9
    }
  }
}
entity {
  id: "specify-a-new-trip"
  trip_update {
    trip {
      route_id: "green-line"
      schedule_relationship: REPLACEMENT
    }
    stop_time_update {
      stop_sequence: 0
      stop_id: "first-stop"
      arrival {
        time: 1284457472
      }
    }
    stop_time_update {
      stop_sequence: 1
      stop_id: "second-stop"
      arrival {
        time: 1284457772
      }
    }
    stop_time_update {
      stop_sequence: 2
      stop_id: "third-stop"
      arrival {
        time: 1284458072
      }
    }
  }
}
]- ヘッダー情報
  ]- このフィード仕様のバージョン。最新バージョンは "1.0" です
  ]- 増分データセットか完全データセットかを指定します
  ]- このデータセットがサーバーで生成された日時

]- フィードには複数のエンティティを含めることができます
  ]- このエンティティの一意な識別子
  ]- エンティティの「タイプ」
    |
    ]- 影響を受ける GTFS エンティティ(旅程)を選択します
    |
    ]- 時刻表の更新情報
    ]- 関連がある停車地を選択します
    ]- 車両の到着時刻について
    ]- 5 秒の遅れが発生します
    |
    ]- ...この車両の遅延時間は後続の停車地に反映されます。
    ]- この車両の時刻表の次の更新情報
    ]   stop_sequence で選択します。この情報により
    ]   車両の元の(時刻表での)到着時刻が更新されます
    ]   遅延時間は 1 秒です。
    |
    ]- ...この遅延時間も同様に、後続の停車地に反映されます。
    ]- この車両の時刻表の次の更新情報
    ]   stop_sequence で選択します。この情報により車両の到着時刻が更新されます
    ]   遅延時間はデフォルトの 0 秒(定刻どおり)です。この更新情報が
    ]   車両の残りの停車地に反映されます。
    |
]- 2 番目のエンティティには別の旅程の更新情報が含まれています
  |
  |
  ]- 運行間隔に基づく旅程の定義
  ]- GTFS フィード内の trip_id
  ]- start_time(この場所) = n * headway_sec + start_time(GTFS)
  |
  |
  |
  |
  ]- マイナスの遅延時間は、この車両が時刻表より 2 秒早いことを意味します
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
]- 3 番目のエンティティは、元の時刻表情報を置き換えます
  ] 対象は最初の 3 つの停車地です
  ] すべての旅程が green-line に属します
  ] 新しい時刻表での時刻を指定します
  | (1970 年 1 月 1 日 00:00:00 UTC からの経過秒数で表します)
  |