camera.startCapture

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

[Options] の captureMode の値に応じて、動画キャプチャまたはインターバル画像キャプチャを開始します。このコマンドは API レベル 2 で追加されました。

パラメータ

  • このコマンドには、リクエスト本文にパラメータがありません。インターバル画像キャプチャか動画キャプチャかは、captureMode オプションによって決まります。間隔キャプチャの場合、オープンエンド キャプチャであるかどうかは、captureNumber が 0 より大きいか、大きいかによって異なります。間隔をキャプチャする前に、captureModecaptureIntervalcaptureNumber を設定する必要があります。動画キャプチャの前に captureMode だけを「動画」に設定する必要があります。動画キャプチャは、camera.stopCapture コマンドによってのみ停止できます。

結果

  • 記述式でないキャプチャ(キャプチャモード == "video" または captureNumber == 0 の場合)
    • 一致する結果はありません。
  • 無期限の間隔キャプチャ:
    • fileUrls: 間隔キャプチャの画像ファイルを指す絶対 URL リスト。キャプチャが完了するまで captureNumber が発生するため、このコマンドではすぐに fileUrls が返されるわけではありません。コマンドの進行状況は、カメラを定期的にポーリングすることで取得できます。たとえば、/osc/commands/status API と fileUrls を使用して推定期間(time = captureInterval * (captureNumber - 1))の後にポーリングを行うと、コマンドが終了したときに結果が返されます。コマンドが正常に完了しない場合(カメラのバッテリーが切れる前に画像から 3 枚の画像だけを撮影した場合)、またはカメラがクライアント スマートフォンとの接続を解除しても、コマンドが正常に終了すると、クライアントはクライアントとカメラの間で新しい接続が確立されると、camera.listFiles を使用して画像を取得できるようになります。

エラー

  • disabledCommand: 現在コマンドが無効になっています。たとえば、カメラが動画キャプチャの途中やインターバル キャプチャの状態です。
  • invalidParameterName: パラメータ名が認識されません。たとえば、sessionId は認識されません。

コマンド I/O

コマンド入力
none
コマンド出力
{
    "results": {
        "fileUrls":[
            "url1",
            "url2",
            "url3",
            ...
            "urln"
        ]
    }
}
コマンド出力(エラー)
{
    "error": {
        "code": "disabledCommand",
        "message": "Command is currently disabled."
    }
}