API を使用してスマートタップを構成する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、API を使用してスマートタップを構成する方法について説明します。

スマートタップのクーポン発行者アカウントを作成する

クーポン発行者アカウントを作成するには、以下の 3 つの作業を行います。

  1. 発行者アカウントを作成する。
  2. 1 つ以上の公開鍵と 1 つ以上の鍵バージョンを割り当てる。
  3. 自動生成されたコレクタ ID を取得する。

発行者アカウントを作成する

API を使用して発行者アカウントを作成する方法については、プログラムで発行者アカウントを作成するをご覧ください。

発行者アカウントを手動で作成するには、Business Console を利用してください。

1 つ以上の公開鍵と 1 つ以上の鍵バージョンを割り当てる

公開鍵と鍵のバージョンは端末プロバイダから提供されます。

公開鍵と鍵のバージョンを割り当てるには、承認済みのサービス アカウント キーを使用して、次のエンドポイントに REST 呼び出しを行います。

PATCH https://walletobjects.googleapis.com/walletobjects/v1/issuer/<issuerid>

REST 呼び出しの本文に次のものを含めます。

{
  "smartTapMerchantData": {
    "authenticationKeys": [{
        "id": 1,
        "publicKeyPem": "<my_public_key>"
      },
      {
        "id": 2,
        "publicKeyPem": "..."
      }
    ]
  }
}

レスポンスには、送信した本文と追加の smartTapMerchantData.smartTapMerchantId フィールドが含まれます。これは、クーポン利用発行者アカウントのコレクタ ID です。コレクタ ID とその他の情報を端末プロバイダと販売店に提供して、販売店でスマートタップを有効にします

発行者エンドポイントの使用方法については、API リファレンスをご覧ください。

自動生成されたコレクタ ID を取得する

別の方法でもコレクタ ID を確認できます。承認済みのサービス アカウントキーを使用して、次のエンドポイントに REST 呼び出しを行います。

GET https://walletobjects.googleapis.com/walletobjects/v1/issuer/<issuerid>

レスポンスには、smartTapMerchantData.smartTapMerchantId フィールドが含まれます。これは、クーポン利用発行者アカウントのコレクタ ID です。コレクタ ID とその他の情報を端末プロバイダと販売店に提供して、販売店でスマートタップを有効にします

発行者エンドポイントの使用方法については、API リファレンスをご覧ください。

パスでスマートタップの利用を有効にする

スマートタップでパスを利用できるようにクラスとオブジェクトを構成するには、このセクションの指示に沿って行います。

以下の値とクーポン発行者アカウントが正しく設定されると、Google Pay に近距離無線通信(NFC)のアイコンが表示されます。NFC アイコン付きのパスを利用できるのは、スマートタップ対応端末を設定した販売業者に限られます。

クラスを構成する

オブジェクトを NFC 対応になるようにクラスを構成するには、パッチ リクエストを行い、次の値を設定します。

  class.enableSmartTap = true
  class.redemptionIssuers[] = ["issuer_id_1",... ,"issuer_id_n"]

上のクラス プロパティを設定すると、このクラスのすべてのオブジェクトで NFC が有効になります。NFC アイコンを表示するには、スマートタップ用にオブジェクトを構成し、クーポン発行者を設定する必要があります。クーポン発行者を確認する方法については、クーポン発行者アカウントを確認するをご覧ください。

オブジェクトを構成する

NFC 対応になるようにオブジェクトを構成するには、スマートタップのクラスを構成します。次に、パスから端末に送信される次の値を設定します。

  object.smartTapRedemptionValue = "string value to be conveyed over NFC"

この値は、NFC がタップされたときに送信されます。詳細については、パスから送信される値をご覧ください。