MLKitBarcodeScanning フレームワーク リファレンス

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

バーコード

class Barcode : NSObject

画像内のバーコード。

  • 検出された座標を、ビュー座標系で検出された画像との相対位置で囲む長方形。

    宣言

    Swift

    var frame: CGRect { get }
  • バーコードでエンコードされたバーコード値。構造化された値は解析されません(例: ‘MEBKM:TITLE:Google;URL:https://www.google.com;;’)。補足的な値は含まれません。

    バーコードが UTF-8 形式でエンコードされている場合にのみ使用できます。非 UTF8 のバーコードの場合は、rawData を使用します。

    宣言

    Swift

    var rawValue: String? { get }
  • バーコードに保存されている元データ。

    宣言

    Swift

    var rawData: Data? { get }
  • ユーザー フレンドリーな形式のバーコード値。バーコードでエンコードされた情報の一部が省略される場合があります。たとえば、上記の例の場合、表示値は「https://www.google.com」になります。 valueType == .text の場合、このフィールドは rawValue になります。たとえば、改行が元のテキスト バーコード値にエンコードされている場合、この値は複数行になる可能性があります。補足値が含まれる場合もあります。

    宣言

    Swift

    var displayValue: String? { get }
  • バーコード形式(EAN_13 など)。形式がリストにない場合は、.unknown が返されます。

    宣言

    Swift

    var format: BarcodeFormat { get }
  • ビュー座標系で検出された画像を基準にして、左上からバーコードの四隅が時計回りの順に表示されます。これらは NSValues でラップされた CGPoints です。視点が歪む可能性があるため、これは必ずしも長方形であるとは限りません。

    宣言

    Swift

    var cornerPoints: [NSValue]? { get }
  • バーコード値のタイプ。たとえば、TEXT、PRODUCT、URL などです。この型がリストにない場合は、.unknown が返されます。

    宣言

    Swift

    var valueType: BarcodeValueType { get }
  • MAILTO: または類似の QR コードタイプからのメール メッセージ。このプロパティは、valueType.email の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var email: BarcodeEmail? { get }
  • 「TEL:」などの QR コードタイプの電話番号。このプロパティは、valueType.phone の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var phone: BarcodePhone? { get }
  • sms

    「SMS:」またはそれに類似した QR コードタイプからの SMS メッセージ。このプロパティは、valueType.sms の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var sms: BarcodeSMS? { get }
  • url

    「MEBKM:」などの QR コードタイプの URL とタイトル。このプロパティは、valueType.url の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var url: BarcodeURLBookmark? { get }
  • 「WiFI:」または同様の QR コードタイプの Wi-Fi ネットワーク パラメータ。このプロパティは、valueType.wifi の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var wifi: BarcodeWifi? { get }
  • GEO: または同様の QR コードタイプの GPS 座標。このプロパティは、valueType.geo の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var geoPoint: BarcodeGeoPoint? { get }
  • 個人または組織の名刺。(VCARD など)。このプロパティは、valueType.contactInfo の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var contactInfo: BarcodeContactInfo? { get }
  • QR コードから抽出されたカレンダーの予定このプロパティは、valueType.calendarEvent の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var calendarEvent: BarcodeCalendarEvent? { get }
  • 運転免許証または ID カード。このプロパティは、valueType.driverLicense の場合にのみ設定されます。

    宣言

    Swift

    var driverLicense: BarcodeDriverLicense? { get }
  • 利用できません。