MLKitBarcodeScanning フレームワーク リファレンス

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

バーコード カレンダー イベント

class BarcodeCalendarEvent : NSObject

QR コードから抽出されたカレンダーの予定。

  • カレンダーの予定の説明。

    宣言

    Swift

    var eventDescription: String? { get }
  • カレンダーの予定の場所。

    宣言

    Swift

    var location: String? { get }
  • カレンダーの予定の主催者。

    宣言

    Swift

    var organizer: String? { get }
  • カレンダーの予定のステータス。

    宣言

    Swift

    var status: String? { get }
  • カレンダーの予定の概要。

    宣言

    Swift

    var summary: String? { get }
  • カレンダーの予定の開始日。

    宣言

    Swift

    var start: Date? { get }
  • end

    カレンダーの予定の終了日。

    宣言

    Swift

    var end: Date? { get }
  • 利用できません。