概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Maps Static API を使用すると、JavaScript や動的なページを読み込まなくても Google マップの画像をウェブページに埋め込むことができます。Maps Static API サービスは、標準の HTTP リクエストによって送信された URL パラメータに基づいて地図を作成し、ウェブページに表示できる画像として返します。

簡単な例

次のサンプルには、ニューヨーク市の繁華街の Maps Static API 画像の URL が含まれています。URL は次のようになります。

https://maps.googleapis.com/maps/api/staticmap?center=Brooklyn+Bridge,New+York,NY&zoom=13&size=600x300&maptype=roadmap
&markers=color:blue%7Clabel:S%7C40.702147,-74.015794&markers=color:green%7Clabel:G%7C40.711614,-74.012318
&markers=color:red%7Clabel:C%7C40.718217,-73.998284
&key=YOUR_API_KEY&signature=YOUR_SIGNATURE

ロウアー マンハッタンの有名スポット

この画像をページに表示するために特別な操作は必要ありません。JavaScript は必要ありません。必要な作業は、URL を作成して、<img> タグ内に記述することだけです。Google Maps Static API は、画像内のウェブページ上のどこにでも配置できます。

認証、割り当て、料金、ポリシー

認証

Maps Static API を使用するには、まず API を有効にして、適切な認証情報を取得する必要があります。詳しくは、Google Maps Platform スタートガイドをご覧ください。

割り当てと料金

Maps Static API に設定された割り当てと料金の詳細については、使用量と請求額のページをご覧ください。

ポリシー

Maps Static API を使用する場合は、Google Maps Platform 利用規約を遵守する必要があります。

詳細

その他の例、パラメータ使用法、トラブルシューティングなどの詳細については、Maps Static API デベロッパー ガイドをご覧ください。

Maps Static API デベロッパー ガイドは、ウェブページやモバイルアプリに Maps Static API の画像を掲載したいウェブサイトおよびモバイル デベロッパーを対象としています。ここでは、API の使用方法の概要と、利用可能なパラメータに関する参考資料を紹介します。