私たちはされているウェブのためのGoogleのサインインのJavaScriptプラットフォームライブラリを中止します。認証とユーザーのサインインの場合は、両方のために新しいGoogleアイデンティティサービスSDKを使用したWebおよびAndroidの代わりに。

あなたのウェブサイトからAndroidアプリをインストールします

ウェブサイトにGoogleサインインボタンを追加することで、 Androidアプリを無線でAndroidデバイスにダウンロードするようユーザーに自動的に促すことができます。この機能を有効にするには、WebクライアントとAndroidクライアントに同じGoogle APIコンソールプロジェクトを使用し、Webアプリのサインインボタンを構成する必要があります。

アプリの要件

アプリがこの機能の対象となるには、アプリがGoogle Playストアで公開され、無料であり、品質のしきい値を満たしている必要があります。このしきい値はGoogleによって決定され、変更される可能性があります。新しいアプリは、品質のしきい値を満たすまでに時間がかかる場合があります。

GoogleAPIコンソールプロジェクトを構成します

Googleは、Google APIコンソールを使用して、アプリがGoogleAPIと通信するためのアクセスを構成します。アプリを直接インストールする場合は、WebアプリとAndroidアプリに同じプロジェクトを使用する必要があります。

  1. APIコンソールの[資格情報]ページに移動します。
  2. アプリの直接インストールを統合するアプリごとにクレデンシャルを作成します。複数のAndroidアプリがある場合、クライアントIDを定義する順序によって、インストールされるアプリが決まります。
    1. ユーザーにダウンロードを求めるAndroidアプリの場合は、[クレデンシャルの追加] > [OAuth 2.0クライアントID ]クリックし、[ Android ]選択して、フォームに入力します。
    2. あなたのWebアプリケーションの場合は、資格情報> OAuth 2.0のクライアントID、選択したWebアプリケーションの追加]クリックして、フォームを完了します。
    3. AndroidアプリやiOSアプリの有料版など、追加のクライアントがある場合は、それらのアプリのOAuth2.0クライアントIDも作成します。このグループ化により、クライアントIDに対してディープリンクを有効にすると、モバイルアプリ間でディープリンクが機能するようになります。

Webアプリを構成します

Webアプリは、 Googleサインインボタンを使用して、Webサイトユーザーが最初にサインインするときにアプリをダウンロードするように求める必要があります。この機能は、サインインボタンにapp_package_nameパラメーターを追加することで有効になります。

  1. サインインボタンをアプリに追加します。
  2. data-app_package_nameパラメーターをHTMLボタンに追加するか、 app_package_nameパラメーターをsignIn()またはrender()メソッドに追加します。値としてAndroidアプリのパッケージ名を指定します。この値は、ユーザーにダウンロードさせたいAndroidアプリのGoogleAPIコンソールに入力した値と同じである必要があります。
  3. 以前にアカウントのアプリを承認した場合は、アプリの直接インストールを試す前にアプリ切断する必要があります
  4. Webアプリを更新して、 app_package_nameパラメーターへの変更をapp_package_nameます。
  5. Webアプリにアクセスし、サインインボタンをクリックして、アプリの自動インストールをテストします。まず、認証ダイアログが表示されます。認証ダイアログを受け入れると、アプリの直接インストールプロンプトが表示されます。

WebサイトのAndroidアプリのインストールをテストする

アプリが資格要件を満たしている場合は、アカウントで初めてアプリにサインインすることで、無線インストール機能をテストできます。以降のアプリのインストールをテストする場合は、次の手順に従う必要があります。

  1. アプリのアカウントアクセストークンを取り消します。アプリ内からのアクセスを取り消すオプションをアプリがユーザーに提供することをお勧めします。トークンを手動で切断して取り消すこともできます。
  2. アプリを使用するすべてのAndroidデバイスからアプリをアンインストールし、このアカウントでサインインします。
  3. 30分以上待って、Webアプリからのサインインフローをテストし、アプリのインストールプロンプトをトリガーしてみてください。