認証のみのユーザーサインインシナリオの場合、 AndroidネイティブおよびWebアプリ用の新しいSign In WithGoogleおよびワンタップボタンを使用することをお勧めします。

GoogleサインインのAndroidアプリへの統合を開始します

Googleサインインを独自のアプリに統合する前に、Google APIコンソールプロジェクトを構成し、AndroidStudioプロジェクトを設定する必要があります。このページの手順はまさにそれを行います。次のステップは、あなたのアプリにGoogleのサインインを統合する方法について説明します。

前提条件

Android用Googleログインには、次の要件があります。

  • Android 4.1以降を実行し、GooglePlayストアまたはAndroid4.2.2以降に基づくGoogleAPIプラットフォームを実行し、GooglePlayサービスバージョン15.0.0以降を搭載したAVDを備えたエミュレーターを含む互換性のあるAndroidデバイス。
  • SDKツールコンポーネントを含むAndroidSDKの最新バージョン。 SDKは、Android StudioでのAndroid SDK Managerから入手可能です。
  • Android 4.1(Jelly Bean)以降に対してコンパイルするように構成されたプロジェクト。

このガイドは、推奨される開発環境であるAndroidStudioのユーザーを対象としています。

GooglePlayサービスを追加する

プロジェクトのトップレベルではbuild.gradleファイル、GoogleのMavenのリポジトリが含まれていることを確認してください。

allprojects {
    repositories {
        google()

        // If you're using a version of Gradle lower than 4.1, you must instead use:
        // maven {
        //     url 'https://maven.google.com'
        // }
    }
}

次に、あなたのアプリケーションレベルでbuild.gradleファイル、宣言Google Playのサービスを依存関係として:

apply plugin: 'com.android.application'
    ...

    dependencies {
        implementation 'com.google.android.gms:play-services-auth:19.2.0'
    }

GoogleAPIコンソールプロジェクトを構成する

Google APIコンソールプロジェクトを構成するには、下のボタンをクリックし、プロンプトが表示されたらアプリのパッケージ名を指定します。また、署名証明書のSHA-1ハッシュを提供する必要があります。参照してくださいあなたのクライアントの認証情報について。

プロジェクトを構成する

バックエンドサーバーのOAuth2.0クライアントIDを取得します

アプリの場合はバックエンドサーバで認証またはバックエンドサーバーからのGoogle APIにアクセスし、サーバー用に作成されたOAuth 2.0のクライアントIDを取得する必要があります。 OAuth 2.0クライアントIDを見つけるには:

  1. 開き、資格情報ページをAPIコンソールで。
  2. WebアプリケーションタイプのクライアントIDは、バックエンドサーバーのOAuth 2.0クライアントIDです。

このクライアントIDを渡しrequestIdTokenrequestServerAuthCode作成したときにメソッドGoogleSignInOptionsオブジェクトを。

次のステップ

今は、Google APIコンソールプロジェクトを構成し、あなたのAndroid Studioプロジェクトが設定されていることを、あなたができるGoogleのサインインを統合アプリに。