カスタム検索 JSON API

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

カスタム検索 JSON API を使用すると、プログラム可能検索エンジンから検索結果をプログラムで取得して表示するウェブサイトやアプリケーションを開発できます。この API では、RESTful リクエストを使用して、ウェブ検索または画像検索の結果を JSON 形式で取得できます。

データ形式

カスタム検索 JSON API は、JSON データ形式で結果を返すことができます。

カスタム検索 JSON API は、OpenSearch 1.1 仕様を使用します。

Prerequisites

検索エンジン ID

カスタム検索 JSON API を使用する前に、プログラム可能検索エンジンを作成して構成する必要があります。プログラム可能検索エンジンをまだ作成していない場合は、プログラム可能検索エンジンのコントロール パネルにアクセスします。

さまざまな構成オプションについて詳しくは、チュートリアルをご覧ください。

プログラム可能検索エンジンを作成したら、ヘルプセンターにアクセスして、検索エンジン ID をご確認ください。

API キー

カスタム検索 JSON API では、API キーを使用する必要があります。キーの取得

料金

カスタム検索 JSON API では、1 日あたり 100 件の検索クエリを無料で利用できます。さらに必要な場合は、API Console で課金に登録できます。追加のリクエストには、1,000 件のクエリあたり $5 が課金されます。1 日あたり最大 10,000 件のクエリが可能です。

1 日あたり 10,000 件以上のクエリが必要で、プログラム可能検索エンジンによる検索数が 10 件以下の場合は、カスタム検索サイト制限 JSON API をご覧ください。この API には 1 日あたりのクエリ数の上限はありません。

モニタリング

カスタム検索 JSON API の基本的なモニタリングは、Cloud Platform Console の API ダッシュボードで利用できます。さらに高度なモニタリングを行うには、Google Cloud のオペレーション スイート(旧称 Stackdriver)を使用できます。

Google Cloud Operations では、カスタム ダッシュボードの作成、アラートの設定指標データのプログラムへのアクセスを行うことができます。Google Cloud Operations でカスタム検索の JSON API 使用状況データにアクセスするには、リソースタイプ: [Consumed API] を選択し、クエリビルダーで [サービス = 'customsearch.googleapis.com'&quot] を選択してフィルタします。

API ダッシュボードと Google Cloud Operations スイートで提供されるさまざまなモニタリングとアラートの機能については、API 使用状況のモニタリングをご覧ください。