ユーザーが Classroom と Google Meet を使用している場合は、Google Meet コースの生徒の出席状況を確認する Apps Script クイックスタートをご覧ください。

REST Resource: userProfiles.guardians

リソース: 保護者

生徒とその生徒の保護者との関連 保護者は、生徒の学習課題に関する情報を受け取ることがあります。

JSON 表現
{
  "studentId": string,
  "guardianId": string,
  "guardianProfile": {
    object (UserProfile)
  },
  "invitedEmailAddress": string
}
フィールド
studentId

string

保護者との関係を適用する生徒の ID。

guardianId

string

保護者の ID。

guardianProfile

object (UserProfile)

保護者用のユーザー プロフィール。

invitedEmailAddress

string

保護者の最初の招待の送信先メールアドレス。この項目はドメイン管理者にのみ表示されます。

メソッド

delete

保護者を削除します。

get

特定の保護者を返します。

list

リクエストしているユーザーに閲覧を許可する保護者のリストを返します。ただし、リクエストに一致する保護者に限定されます。