コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
Google Cast SDK を使用すると、Android、iOS、またはウェブアプリを拡張し、ストリーミング動画と音声をテレビやサウンド システムに転送できます。アプリはリモコンとなって、メディアの再生、一時停止、移動、巻き戻し、停止など、さまざまな操作を行えます。

Google Cast はテレビ、映画、音楽などに対応するように設計されています。自宅の大画面に最適な動画コンテンツを残したり、オーディオ コンテンツを新しい Google Home Hub などの Google Home デバイスやオーディオ デバイスや Google Home デバイスにキャストしたりできます。

SDK は、さまざまなメディア形式、プロトコル、コーデックをサポートしており、簡単に統合できます。
Google の UX とデザインのガイドラインに沿って、スムーズでシームレスなキャスト エクスペリエンスを生み出しましょう。
Cast Connect を使用すると、Android TV アプリは Chromecast であるかのようにメッセージを受信し、メディア ステータスをブロードキャストできます。
動画と音声用に開発されたキャストアプリは音声のみのデバイスでも使用できます。

最新ニュース

最新バージョンの Google Cast SDK では、従来の SDK の複雑な部分がシンプルになり、コンテンツ パートナーやデベロッパーが特定した主な問題点に対処しています。アプリの Cast を有効にするために必要なコードの数が減り、Android、iOS、ウェブ間で一貫性のある API を使用できます。
Android TV レシーバーは、Cast Connect ライブラリを使用し、既存の送信側アプリがキャスト プロトコルを介して Android TV アプリと通信できるようにします。Cast Connect は Cast インフラストラクチャ上に構築されており、Android TV アプリがレシーバーとして機能します。
2022 年 10 月 17 日 - Shaka プレーヤーをアップグレードすると、Shaka プレーヤーに関連する新機能が追加されます。
2022 年 10 月 10 日 - このアップデートには、新しい Output Switcher 機能が含まれており、一部の API のサポートは終了しています。
2022 年 8 月 8 日 - このアップデートにはバグの修正が含まれ、CastContext#getSharedInstance(Context) API のサポートは終了しています。

事例紹介

アプリに Google Cast の機能を追加することで、アクセス数、エンゲージメント、収益の向上が見込めます。ここでは、Google Cast テクノロジーを実際に活用した 2 つの実例を紹介します。
コメディ セントラル アプリでは、ファンはお気に入りの番組をモバイル デバイスからオンデマンドですべて視聴できます。そこで同社は、テレビの小さな画面でも操作できるように、Cast 対応のアプリを作成しました。現在、Chromecast があれば動画は 50% 以上視聴されており、平均的なコメディー アプリのユーザーと比べてアクセス数が 1.5 倍も増えています。
Haystack TV は、いつでもあらゆるデバイスでニュースを視聴できるパーソナルなニュース チャンネルです。同社は Google Cast のテクノロジーを統合し、ユーザーがテレビで配信した動画を停止することなく、トップニュースを見たり、再生する他の動画を選択したり、再生キューから動画を削除できるようにしたりしました。Chromecast では、週平均視聴時間が 2 倍になり、最新情報をいち早く入手できるようになりました。Haystack TV の顧客の 3 分の 1 は、今度は Chromecast でニュースを確認しています。

思いやりのある家の一員

ソファに座ったまま、エンターテイメントをストリーミング。Google Nest Hub や Google Nest Audio で、話しかけるだけでスマート スピーカーや Chromecast を接続したテレビで、お気に入りの曲の再生や映画の選択、音量の調整を行えます。
スマートホームの操作を 1 つの画面で管理できます。
本格的なサウンドの便利なスピーカー。
最大 4K HDR でエンターテイメントをストリーミングできます。