Awareness API とは何ですか?

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Awareness API を使用すると、アプリがユーザーの現在の状況にインテリジェントに反応できるようになります。Awareness API は、ユーザーのアクティビティや付近のビーコンなど、5 種類のコンテキスト タイプを公開します。これらの方法により、アプリはこれまで不可能だった新しい方法でユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。アプリはこれらのコンテキスト シグナルを組み合わせてユーザーの現在の状況を推測し、この情報を使用して、ユーザーがヘッドフォンを接続してジョギングを開始したときのプレイリストの候補など、カスタマイズされたエクスペリエンスを提供できます。

Awareness API のメリット

Awareness API には次のようなメリットがあります。

  • 実装の容易さ: アプリに API を 1 つ追加するだけで済みます。これにより、統合が大幅に簡素化され、生産性が向上します。
  • コンテキスト データの品質向上: 未加工のシグナルを処理して品質を向上します。たとえば、高度なアルゴリズムを使用して、高精度のユーザー アクティビティを判定します。
  • システムの状態の最適化: Awareness API はバッテリー駆動時間とデータ使用量への影響を自動的に管理するため、アプリでのメンテナンスは必要ありません。

フェンスとスナップショット

Awareness API は、ユーザーの現状を判断するためにアプリがコンテキスト シグナルを取得するために使用できる、2 つの異なる API で構成されています。

  • Fence API: この API を使用すると、アプリはユーザーの現在の状況に対応でき、コンテキスト条件の組み合わせが満たされると通知が提供されます。たとえば、ユーザーが歩いてヘッドフォンを接続したときなどです。フェンスが登録されると、実行されていないアプリにも、Fence API からコールバックを送信できます。
  • Snapshot API: この API を使用すると、アプリはユーザーの現在地や天気情報など、ユーザーの現在のコンテキストに関する情報をリクエストできます。

コンテキストの種類

コンテキストは Awareness API の中核です。コンテキスト データには、位置情報(緯度と経度)、場所のタイプ(公園やコーヒー ショップなど)、アクティビティ(徒歩や車など)などのセンサーデータが含まれます。これらの基本的なタイプ(シグナル)を組み合わせると、ユーザーの状況をより詳細に推定できます。次のお知らせを開いて、サポートが終了したコンテキスト シグナルを確認します。

次の表は、現在 Awareness API で提供されている基本的なコンテキスト タイプを示しています。

コンテキストの種類
時間 現在の現地時間
ロケーション 緯度と経度
アクティビティ 検出されたユーザー アクティビティ(ウォーキング、ランニング、サイクリングなど)
ビーコン 指定された名前空間に一致する付近のビーコン
ヘッドフォン ヘッドフォンが接続されているかどうかのステータス