Snapshot API の概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Snapshot API を使用して、ユーザーの現在の環境に関する情報を取得できます。Snapshot API を使用すると、次のようなさまざまなコンテキスト シグナルにアクセスできます。

  • 検出されたユーザー アクティビティ(ウォーキングや運転など)。
  • 登録済みの付近のビーコン。
  • ヘッドフォンが接続されているかどうか。
  • 位置情報(緯度と経度など)。

これらの値はすぐにキャッシュされるように、キャッシュに保存されます。データがない場合は、センシングと推論が行われ、新しい状態の値が返されます。Awareness API は、公開 API を持つコンテキスト タイプの既存のデータ型を返します。

各コンテキスト シグナルには、対応する Snapshot API メソッドがあります。たとえば、現在検出されているアクティビティを取得するには、getDetectedActivity() を呼び出し、SuccessListener を使用して DetectedActivityResponse を取得してから、getActivityRecognitionResult() を呼び出して ActivityRecognitionResult を返します。そこから実際のリクエスト データを取得できます。

次の例は、検出された最新のアクティビティを取得する方法を示しています。

        Awareness.getSnapshotClient(this).getDetectedActivity()
            .addOnSuccessListener(new OnSuccessListener<DetectedActivityResponse>() {
                @Override
                public void onSuccess(DetectedActivityResponse dar) {
                    ActivityRecognitionResult arr = dar.getActivityRecognitionResult();
                }
            })

リクエスト データの詳細については、スナップショット データの取得をご覧ください。