REST Resource: edits

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

リソース: AppEdit

アプリの編集。EditsService のリソース。

JSON 表現
{
  "id": string,
  "expiryTimeSeconds": string
}
フィールド
id

string

出力のみ。編集の ID。後続の API 呼び出しで使用できます。

expiryTimeSeconds

string

出力のみ。編集が期限切れになり、使用できなくなる時間(エポックからの秒数)です。

Methods

commit

アプリの編集を commit します。

delete

アプリの編集を削除します。

get

アプリの編集を取得します。

insert

アプリの新しい編集を作成します。

validate

アプリの編集を検証します。