クライアント ライブラリ

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Reseller API は HTTP と JSON を基に構築されているため、標準のウェブスタックであれば、この API にリクエストを送信してレスポンスを解析できます。

ただし、HTTP リクエストを作成してレスポンスを手動で解析するのではなく、Google API クライアント ライブラリを使用することをおすすめします。クライアント ライブラリを使用することで、言語が高度に統合され、セキュリティも強化されます。また、ユーザー認証が必要な呼び出しもサポートされます。

以下の表の第 1 列は、各ライブラリの開発段階(一部は開発の初期段階です)と、このライブラリのドキュメントへのリンクを示しています。2 列目は、各ライブラリで使用可能なサンプルにリンクしています。

ドキュメント サンプル
Java の Google API クライアント ライブラリ Java サンプル
JavaScript の Google API クライアント ライブラリ JavaScript サンプル
.NET の Google API クライアント ライブラリ .NET サンプル
Objective-C for REST の Google API クライアント ライブラリ Objective-C サンプル
PHP の Google API クライアント ライブラリ(ベータ版) PHP サンプル
Python の Google API クライアント ライブラリ Python のサンプル

これらの初期段階のライブラリも用意されています。

ドキュメント サンプル
Dart の Google API クライアント ライブラリ(ベータ版) Dart サンプル
Go の Google API クライアント ライブラリ(アルファ版) Go サンプル
Node.js の Google API クライアント ライブラリ(アルファ版) Node.js サンプル
Ruby の Google API クライアント ライブラリ(アルファ版) Ruby サンプル