Reseller API の概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google がユーザーに Google のプロダクト サービスを提供する方法の一つとして、Google Workspace 正規販売パートナーなどのサービス配信チャネルがあります。Reseller API を使用する際は、販売パートナーと顧客、お支払いプラン、プロダクト SKU、ライセンスとの関係を概念的に理解することが重要です。

再販業者

販売パートナーが Google からユーザー ライセンスを購入し、そのライセンスを Google のお客様に再販します。販売パートナーは、顧客のサブスクリプションを直接管理できます。複数のサービスをカスタマイズする場合は、サービス インテグレータと協力してお客様を管理できます。

販売パートナーは次のプランから選択できます。

  • 年間コミットメント: 販売パートナー様は 1 年間、Google から固定量のライセンスを購入します。お客様は最大ライセンス数まで作成できますが、販売パートナーから購入したライセンス数が請求されます。お客様が追加ライセンスが必要な場合、販売パートナーは subscriptions.changeSeats API 呼び出しを使用して、注文するライセンス数を増やすことができます。
  • フレキシブル: お客様が新しいユーザーを作成するたびに、Google からこのライセンスの料金が販売パートナーに請求されます。販売パートナーと Google の契約では、ライセンスの料金、仕様、最大ライセンス数が記載されています。

販売パートナー(またはその提携サービス インテグレータ)は、ユーザー ライセンスの管理に加えて、トレーニング、プロモーション、広告、料金、デプロイのカスタマイズ、トラブルシューティング、メンテナンスなど、さまざまな追加サービスをお客様に提供します。

ライセンス

Google アカウントを持つユーザーが Google Workspace サービスにアクセスできるようになります。お客様がユーザーにライセンスを割り当てると、そのライセンスは有効なライセンスになります。顧客の合計ユーザー数を計算する際は、有効なライセンスのみがカウントされます。

お客様

Google のお客様は、販売パートナーが構成した Google Workspace アカウントを使用します。お客様のアカウントを設定するときに、販売パートナーがプライマリ ドメイン名、予備のメールアドレス、住所を提供します。その後、販売パートナー様は、お客様が購入できるプロダクト SKU ごとにサブスクリプションを作成します。お客様は、個々のユーザー アカウントをホストします。詳細については、新規顧客アカウントの注文をご覧ください。

プラン

プランとは、Google との販売パートナーへの請求条件を定義するものです。これらのプランでは、販売パートナーとお客様の間の請求関係は定義されません。販売パートナーは、顧客と独自の請求条件を定義します。

Reseller API は Google Workspace の月単位の後払いシステムをサポートしているため、いくつかのお支払いプランが用意されています。

  • ANNUAL_MONTHLY_PAY: 年間契約(月払い)
  • ANNUAL_YEARLY_PAY: 年払い(年払い)
  • FLEXIBLE: 月払いの非コミット プラン
  • TRIAL: 無料トライアル プラン
    • トライアル期間は最大 30 日間変更可能です。
    • Gmail の 1 日あたりの送信メッセージ数の上限(500 通)。
  • FREE: Cloud Identity Free Edition サブスクリプションの場合のみ無料プラン

これらのプランの詳細については、顧客のお支払いプランを選択するをご覧ください。

サブスクリプション

定期購入は、Google の顧客のお支払いプランと商品の SKU、ユーザー ライセンス、30 日間の無料試用のステータス、更新オプションとの関係を管理します。販売パートナーの主な役割は、Google のお客様のサブスクリプションを管理することです。

Reseller API では、サブスクリプションがメインの API リソースとなります。お支払いプラン、ライセンス、30 日間の無料試用、更新、販売パートナーの注文書の設定を定義します。お客様は、複数のサブスクリプションを持つことができます(サブスクリプションが販売パートナーに割り当てるプロダクト SKU ごとに 1 つずつ)。

各サブスクリプションには一意の識別子(subscriptionId)があります。定期購入が変更されると subscriptionId が変更されるため、永続データのキーとして subscriptionId 値を使用しないでください。定期購入が変更されると、このキーは機能しなくなります。

詳しくは、サブスクリプションの管理をご覧ください。

プロダクトと商品の SKU

プロダクトとは、Google の特別なサービスとアプリケーションの機能を商用サービスに提供します。プロダクトでは、カスタマイズされた条件や価格、その他の契約の詳細を設定できます。これらの各プロダクト バージョンは、プロダクト SKU によって識別されます。このバージョンでは、Reseller API は Google Workspace、Google Vault、Google ドライブ プロダクトの SKU ごとにサブスクリプションを提供します。詳細については、プロダクトと SKU をご覧ください。