school Are you a developer in an agency in the UK, Indonesia or India? Find out more about our free 2 day Progressive Web Apps training .

クリティカル レンダリング パスの測定

確実なパフォーマンス戦略を立てる上で、正確な計測は欠かせません。 測定できなければ最適化できません。このドキュメントでは、CRP パフォーマンスを測定するさまざまなアプローチについて説明します。

  • Lighthouse のアプローチでは、自動化された一連のテストをページに対して実行し、ページの CRP パフォーマンスに関するレポートを生成します。 このアプローチを採用すると、ブラウザで読み込んだ特定のページの CRP パフォーマンスの概要をすばやく簡単に把握できるため、テスト、反復、パフォーマンス改善を迅速に行うことができます。
  • Navigation Timing API のアプローチでは、RUM(リアル ユーザー モニタリング) メトリクスを取得します。

名前が意味するとおり、これらのメトリクスはサイトにおける実際のユーザー操作から取得され、さまざまな端末やネットワーク状況においてユーザーが体感したとおりに、実際の CRP パフォーマンスを正確に把握できます。 一般には、Lighthouse を使用して明らかに CRP を最適化できる箇所を特定し、Navigation Timing API でコードを計測して、アプリの実際のパフォーマンスを監視するというアプローチが推奨されます。

Lighthouse を使用したページの監査

Lighthouse は、指定したページに対して一連のテストを実行し、ページの結果をレポートにまとめて表示するウェブアプリの監査ツールです。 Lighthouse は Chrome 拡張機能または NPM モジュールとして実行できるため、Lighthouse を継続的インテグレーション システムと統合する場合に便利です。

使用を開始するには、Lighthouse によるウェブアプリの監査をご覧ください。

Lighthouse を Chrome 拡張機能として実行すると、ページの CRP 結果は以下のスクリーンショットのようになります。

Lighthouse の CRP 監査

この監査結果の詳細については、クリティカル リクエスト チェーンをご覧ください。

Navigation Timing API と、ページの読み込み時に発行されたその他のブラウザ イベントを組み合わせると、任意のページでの実際の CRP パフォーマンスを取得および記録できます。

Navigation Timing

上記の図の各ラベルは、ブラウザが読む込むすべてのページについてトラックする、詳細なタイムスタンプに相当します。実は、この具体例では、さまざまなタイムスタンプの一部だけを表示しています。ここではネットワーク関連タイムスタンプはすべて省略してあります。ただし、後の演習で扱う予定です。

ところで、これらのタイムスタンプは何を意味しているでしょうか。

  • domLoading: これは、プロセス全体の始動タイムスタンプであり、ブラウザが最初に受け取った HTML ドキュメントのバイトの解析を開始する時点を示します。
  • domInteractive: ブラウザが HTML の解析をすべて完了し、DOM の構築を完了した時点を示します。
  • domContentLoaded: DOM の準備が整い、JavaScript の実行をブロックするスタイルシートが存在しなくなった時点を示します。つまり、これ以降、レンダリング ツリーの構築を開始できます。
    • 多くの JavaScript フレームワークでは、このイベントを待ったうえで、それ自体のロジックの実行を開始します。このため、ブラウザでは、EventStartEventEnd のタイムスタンプをキャプチャすることで、この処理の所要時間をトラッキングできるようにしています。
  • domComplete: 名前が示すように、すべての処理が完了し、ページ上にあるすべてのリソース(画像など)のダウンロードが完了したことを示します。つまり、読み込み中のマークの回転が止まった状態です。
  • loadEvent: ページごとの読み込みの最終ステップとして、ブラウザは onload イベントを発行します。これにより、追加のアプリケーション ロジックがトリガーされることがあります。

HTML 仕様では、イベントを発行するタイミング、満たすべき条件など、すべてのイベントごとに具体的な条件が規定されています。ここでは目的に合わせて、クリティカル レンダリング パスに関係する主なマイルストーンだけに焦点を当てます。

  • domInteractive は DOM の準備ができた時点を示します。
  • domContentLoaded は通常は DOM と CSSOM の両方の準備ができた時点を示します
    • パーサー ブロック JavaScript が存在しない場合、DOMContentLoadeddomInteractive の直後に発行されます。
  • domComplete はページおよびすべてのサブリソースの準備ができた時点を示します。
<html>
  <head>
    <title>Critical Path: Measure</title>
    <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">
    <link href="style.css" rel="stylesheet">
    <script>
      function measureCRP() {
        var t = window.performance.timing,
          interactive = t.domInteractive - t.domLoading,
          dcl = t.domContentLoadedEventStart - t.domLoading,
          complete = t.domComplete - t.domLoading;
        var stats = document.createElement('p');
        stats.textContent = 'interactive: ' + interactive + 'ms, ' +
            'dcl: ' + dcl + 'ms, complete: ' + complete + 'ms';
        document.body.appendChild(stats);
      }
    </script>
  </head>
  <body onload="measureCRP()">
    <p>Hello <span>web performance</span> students!</p>
    <div><img src="awesome-photo.jpg"></div>
  </body>
</html>

サンプルを見る

上記のサンプルは一見すると厄介そうですが、実はかなりシンプルです。Navigation Timing API がすべての関連タイムスタンプをキャプチャします。このコードでは onload イベントが発行されるのを待ち(onload イベントは、domInteractivedomContentLoadeddomComplete の後で発行)、さまざまなタイムスタンプ間の差を計算しているだけです。

NavTiming デモ

以上です。これで、トラッキング対象の具体的なマイルストーンと、その測定値を出力するシンプルな関数がそろいました。これらのメトリックをページに出力する代わりに、コードを修正してアナリティクス サーバーに送信することもできます(Google アナリティクスではこれを自動で実行)。これは、ページのパフォーマンスを正しく把握し、最適化作業によってメリットが生じそうなページを特定する方法として優れています。

DevTools とは

このようなドキュメントでは、Chrome DevTools の [Network] パネルを使用して、CRP のコンセプトを説明している場合がありますが、DevTools は現在、CRP の測定に最適というわけではありません。クリティカルなリソースを特定する仕組みが組み込まれていないためです。 クリティカルなリソースを特定するには、Lighthouse の監査を実行します。