リクエストの承認

アプリケーションから限定公開データがリクエストされた場合は、そのデータへのアクセス権を持つ認証済みのユーザーがそのリクエストを承認する必要があります。

アプリケーションから Indexing API に送信するすべてのリクエストには、承認トークンを含める必要があります。このトークンは Google でアプリケーションを識別するためにも使用されます。

認証プロトコルについて

リクエストを承認するために、アプリケーションは OAuth 2.0 を使用する必要があります。これ以外の認証プロトコルには対応していません。アプリケーションで Google+ ログインを使用している場合、承認手続きの一部が自動化されます。

OAuth 2.0 によるリクエストの承認

Indexing API へのすべてのリクエストは、認証済みのユーザーによって承認される必要があります。

OAuth 2.0 の承認プロセス(「フロー」)の詳細は開発するアプリケーションの種類によって若干異なりますが、次の一般的なプロセスはすべての種類のアプリケーションに当てはまります。

  1. アプリケーションの作成時に、Google API Console を使用してアプリケーションを登録します。登録すると、後で必要になるクライアント ID やクライアント シークレットなどの情報が Google から提供されます。
  2. Google API Console で Indexing API を有効にします(Indexing API が API Console に表示されない場合は、この手順をスキップしてください)。
  3. アプリケーションでユーザーデータにアクセスする必要がある場合は、特定のアクセスのスコープを Google にリクエストします。
  4. データをリクエストするアプリケーションの承認を求める Google の同意画面がユーザーに表示されます。
  5. ユーザーが承認すると、有効期間の短いアクセス トークンがアプリケーションに付与されます。
  6. アプリケーションは、リクエストにそのアクセス トークンを付与してユーザーデータをリクエストします。
  7. Google がそのリクエストとトークンが有効であると判断すると、リクエストされたデータが返されます。

プロセスによっては、更新トークンを使用して新しいアクセス トークンを取得するなど、追加の手順が必要になる場合もあります。各種アプリケーションのフローについて詳しくは、Google の OAuth 2.0 ドキュメントをご覧ください。

Indexing API で使用される OAuth 2.0 のスコープ情報は次のとおりです。

スコープ 意味
https://www.googleapis.com/auth/indexing 読み取り / 書き込みアクセス。

OAuth 2.0 を使用してアクセスをリクエストする場合、アプリケーションを登録したときに Google から提供された情報(クライアント ID やクライアント シークレットなど)に加えて、スコープ情報が必要になります。

ヒント: Google API クライアント ライブラリで一部の承認プロセスを処理することもできます。これらのライブラリはさまざまなプログラミング言語で用意されています。詳細については、ライブラリとサンプルのページをご覧ください。