概要

Google Payスマートタップ テクノロジーを使用すると、購入者は Google Pay に保存されているパスを利用できます。操作は簡単で、スマートフォンを NFC 対応決済端末にかざすだけです。

ユーザーがパスを保存できるように、Google Pay API for Passes を使用してリンクまたはボタンを作成します。このリンクまたはボタンにより、ユーザーはさまざまなパスを Google Pay アプリに保存できます。たとえば、ポイントカード、ギフトカード、特典、イベント チケット、フライトの搭乗券、乗車券などを保存できます。保存用のリンクまたはボタンを作成する方法については、ウェブボタンを追加するをご覧ください。

対象

このガイドは、店舗内の端末から NFC 経由でパスを利用可能にしたい Google Pay API for Passes のデベロッパーを対象にしています。

前提条件

スマートタップを設定するには、次の前提条件を満たす必要があります。

パスの開発

REST API パスの開発を完了する必要があります。まず、アプリケーションを登録します。スマートタップ プロトコルを経由して NFC 端末で利用できるように、パスを開発する必要があります。

スマートタップ対応端末

スマートタップを設定するには、スマートタップ対応端末を導入する販売店と関係を築くか、販売店と協力して店舗でスマートタップ対応端末を利用できるようにする必要があります。スマートタップ対応端末を提供するプロバイダは、Google Pay Merchant ヘルプで探すことができます。

システムでパスの価値を十分に発揮するには販売店との協力も欠かせません。POS(Point of Sale)で支払いが行われたら、新しいポイント残高やパスの状態を確認できるようにパスを更新する必要があります。