Google マップ ウェブサービスのクライアント ライブラリ

Java Client、Python Client、Go Client、および Node.js Client for Google Maps Services は、コミュニティがサポートするクライアント ライブラリであり、Apache 2.0 License の下でオープンソース化されています。 これらのライブラリは GitHub からダウンロードや更新ができます。インストール手順とサンプルコードも GitHub で確認可能です。

クライアント ライブラリを使用する理由

Java Client、Python Client、Go Client、および Node.js Client for Google Maps Services を使うと、サーバーで Google マップ ウェブサービスを利用できるようになります。 これらのライブラリには、次の API の機能がラップされています。

これらの API から機能が提供される以外に、クライアント ライブラリによって一部の一般的なタスクが簡単になります。

  • 自動レート制限 デフォルトでは、リクエストは各ウェブ サービスの想定されるレート制限で送信されます。 new GeoApiContext().setQueryRateLimit(qps) でカスタム QPS 制限を指定できます。

  • 失敗時の再試行 API から 5xx エラーが送信された場合、クライアント ライブラリは自動的にリクエストを再試行します。 再試行では、間欠的失敗時に役立つ指数関数的バックオフが使用されます。

  • 簡単な認証 クライアント ライブラリを使用すると、無料で提供される API キーを使用して簡単に認証できます。 Google Maps APIs Premium Plan ユーザーは、自身のクライアント ID とクライアント シークレットを使用できます。

  • POJO Java ライブラリは、API レスポンスごとにネイティブ オブジェクトを返します。 Python ライブラリは、API から受信した構造体を返します。

  • 非同期または同期 すべてのリクエストで同期または非同期の呼び出しスタイルがサポートされています。

利用規約

Google マップ ウェブサービスのクライアント ライブラリは、Apache 2.0 License の下に使用が許諾されています。

クライアント ライブラリは、Google マップ ウェブサービスのラッパーです。 Google マップ ウェブサービスには、Google Maps API の利用規約が適用されます。

重要: これらのライブラリには、Google 標準の廃止ポリシーやサポート契約は適用されません。

API キーとクライアント ID

各 Google マップ ウェブサービスには、API キーまたはクライアント ID が必要です。 API キーとクライアント ID の取得方法や、これらの使い分けについては、使用している API の認証ガイドをご覧ください。

フィードバックを送信...

Google マップ ウェブサービス API
Google マップ ウェブサービス API