割り当て

割り当て方式は、自動プロセスがキャンペーン マネージャー 360 API を不適切な方法で使用することを防ぎ、Google のインフラストラクチャを保護します。つまり、あるデベロッパーの操作によってコミュニティに悪影響が及ぶ事態を防ぎます。

割り当て制限

以下のデフォルトの割り当て制限は、キャンペーン マネージャー 360 API のすべてのリソースとメソッドの間で共有されます。

  • プロジェクトごとに 1 日のリクエスト数の上限は 50,000 件 - 引き上げ可能
  • プロジェクトごとに 1 秒あたりのクエリ数(QPS)の上限は 1 件
    • Google API Console では、この割り当てはユーザーごとの 100 秒あたりのクエリ数として扱われ、デフォルトでは 100 件に設定されています。この上限は必要に応じて、1,000 件(10 QPS)まで引き上げることができます。

レポート ビルダーでは、アカウントごとに異なる割り当ての制限が追加されます。詳しくはこちらのヘルプセンターの記事と下記の表をご覧ください。

割り当ての上限を超えた場合

万一、割り当て制限を超えたためにリクエストが失敗すると、API から HTTP ステータス コードとエラーの理由が返されます。さらに、レスポンス本文にエラーの原因についての詳しい説明が記載されます。エラー レスポンスの例については、エラー メッセージのガイドをご覧ください。

以下の一覧に、割り当て制限を超えたために発生するリクエスト失敗のエラーと、おすすめの対処方法を示します。

コード 理由 メッセージ 推奨される対処方法
403 dailyLimitExceeded 1 日の上限を超えています 問題を解決してから再試行してください。Google API コンソールで使用状況を調べて、リクエストを減らすようにワークフローを変更します。現在の使用状況が妥当と思われる場合は、割り当ての追加をリクエストできます。
403 quotaExceeded このアカウントで利用可能なレポート数(x 件 / 日)を超えています。 その日はこのアカウントでレポートをそれ以上実行しないようにします。アカウント マネージャーにサポートをご依頼ください。
403 quotaExceeded このユーザー プロファイルで利用可能なレポート数(x 件 / 日)を超えています。 その日はこのユーザー プロファイルでレポートをそれ以上実行しないようにします。別のユーザー プロファイルに切り替えるか、アカウント マネージャーにサポートをご依頼ください。
403 quotaExceeded このアカウントでスケジュール設定が可能なレポート数(x 件)を超えています。 スケジュールに基づくレポートで不要なものがあれば無効にしてから、このリクエストを再試行します。
403 quotaExceeded このレポートのユーザー プロファイルでスケジュール設定が可能なレポート数(# 件)を超えています。 スケジュールに基づくレポートで不要なものがあればそのレポートの所有者に無効にしてもらってから、このリクエストを再試行します。
403 quotaExceeded このユーザー プロファイルでスケジュール設定が可能なレポート数(x 件)を超えています。 スケジュールに基づくレポートで不要なものがあれば無効にしてから、このリクエストを再試行します。
403 quotaExceeded 割り当て数を超えたものがあるため、この操作は完了できません。アカウント マネージャーにサポートをご依頼ください。 アカウント マネージャーにサポートをご依頼ください。
403 userRateLimitExceeded ユーザーのデータ処理の上限を超えています Google API Console でユーザーあたりの上限を引き上げるか、指数バックオフを使用してリクエストの送信レートを抑えます。この API では、書き込みの同時リクエストや、10 QPS を超えるレートでのリクエストはおすすめしません。

1 日の割り当ての追加をリクエストする

アプリケーションへの 1 日の割り当てを追加する必要があれば、下記の手順に沿ってリクエストすることができます。

下記の手順は、dailyLimitExceeded エラーが発生したプロジェクトでのみご利用になれます。その他の割り当てエラーに対するおすすめの対処方法については、上記の表をご覧ください。

  1. Google API Console でキャンペーン マネージャー 360 API を開きます。
  2. [指標] ページの使用状況統計で、アプリケーションの動作が想定どおりであることを確認します。呼び出されているメソッドを綿密に調べ、想定外の使用や過度の使用が見られる場合は次のステップに進む前に対処します。
  3. 使用状況に問題がない場合は、[割り当て] ページに移動し、[Queries per day] の横にある編集アイコンをクリックして、[割り当ての増加を申し込む] をクリックします。

追加のリクエストは、入力した情報をよく確認し、割り当てリクエスト フォームの指示に沿って提出してください。