Google Cloud Search REST API へのアクセスを構成する

この API を直接使用するか、SDK を介して使用するには、事前に Google Cloud Search REST API へのアクセスを構成する必要があります。このドキュメントでは、Google Cloud Search REST API を使用するために必要な手順について説明します。

API プロジェクトを作成する

API を有効にするには、事前に Google Cloud Platform プロジェクトを作成する必要があります。このプロジェクトは、API の管理、請求の有効化、共同編集者の追加と削除、権限の管理など、すべての Google Cloud Platform(GCP)サービスの作成、有効化、使用の基礎となります。

  1. Cloud Platform Console で、Google Cloud Console バナーの右にある アイコンをクリックします。現在のプロジェクトをリストしたダイアログが表示されます。
  2. [新しいプロジェクト] をクリックします。[新しいプロジェクト] 画面が表示されます。
  3. [プロジェクト名] 項目にプロジェクト名を入力します。
  4. (省略可)[編集] をクリックしてプロジェクト ID を編集します。プロジェクトが作成された後にプロジェクト ID を変更することはできないため、プロジェクトのライフタイムを考慮してニーズに合った ID を指定してください。
  5. [作成] をクリックします。コンソールが [ダッシュボード] ページに移動します。プロジェクトは数分で作成されます。

プロジェクトの作成と管理の詳細については、プロジェクトの作成と管理をご覧ください。

API を有効にする

Cloud Search REST API を有効にし、サービス アカウントを作成して認証情報を取得する必要があります。

  1. 新たに作成したプロジェクトを対象とするために、Google Cloud Console バナーの右側にある アイコンをクリックし、新たに作成したプロジェクトを選択します。
  2. Google Cloud Search API に移動します。
  3. [有効にする] をクリックします。[概要] ページが表示されます。

API の有効化と無効化の詳細については、Google Cloud Console で API を管理するをご覧ください。

サービス アカウントの認証情報を作成する

  1. Cloud Platform Console で、画面左側のナビゲーションにある [認証情報] をクリックします。[認証情報] ページが表示されます。
  2. [認証情報の作成] プルダウン リストから [サービス アカウント キー] を選択します。[サービス アカウント キーの作成] ページが表示されます。
  3. [サービス アカウント] プルダウン リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
  4. [サービス アカウント名] 項目に名前を入力します。
  5. (省略可)サービス アカウント ID を編集します。
  6. [JSON] をクリックします。
  7. [作成] をクリックします。[サービス アカウントに役割が割り当てられていません] ダイアログが表示されます。
  8. [役割なしで作成] をクリックします。[秘密鍵がパソコンに保存されました] ダイアログが表示され、秘密鍵のコピーがパソコンにダウンロードされます。
  9. [閉じる] をクリックします。

サービス アカウントの詳細については、サービス アカウント、ウェブ アプリケーション、インストール型アプリケーションをご覧ください。

認証情報を表示する

  1. Cloud Platform Console のページの上部で、作成済みのプロジェクトを選択します。
  2. Google Cloud Console バナーの左側にある [ナビゲーション] メニューをクリックします。
  3. [IAM と管理] > [サービス アカウント] をクリックします。
  4. [サービス アカウント ID] のリストで、構成したサービス アカウントを識別する生成済みメールアドレスを書き留めます。このメールアドレスは、Cloud Search にデータソースを追加する際に使用されます。

次のステップ

以下は、適宜実行してください。

  1. Google Cloud Search を Google 以外のデータ リポジトリ(Microsoft® SharePoint® など)とともに使用する場合は、データソースを作成する必要があります。データソースの追加手順については、検索対象のデータソースを追加するをご覧ください。

  2. データソースを設定すると、スキーマを作成および登録して、Google Cloud Search がリポジトリ内のデータをどのように表現するかを指定できます。