This document describes a legacy version of the Android SDK. If your new to Analyitcs, use the latest SDK. Learn more

Android 向け Google アナリティクス SDK v2(従来版)- 概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Android 向け Google アナリティクス SDK を使用すると、アプリからユーザー エンゲージメント データを簡単に収集できます。このドキュメントでは、SDK の価値の概要と、単一のプロパティ ID と EasyTracker を使用してアプリを測定するためのガイドを提供します。

はじめに

Android 向け Google アナリティクス SDK を使用すると、アプリからユーザー エンゲージメント データを簡単に収集できます。デベロッパーは Google アナリティクスのレポートを使用して、以下を測定できます。

  • アプリを使用しているアクティブ ユーザー数
  • アプリが使用されている国や地域
  • 個々の機能の利用状況
  • アプリ内購入とトランザクションの数
  • アプリケーションがクラッシュする回数と種類です。
  • その他、多くの有用な指標があります。

さらに、Android 向け Google アナリティクス SDK には、Google Play からのインストール、アプリ内購入やトランザクションに至るまでのマーケティング チャネルのパフォーマンスをエンドツーエンドで可視化できるため、モバイル マーケティング キャンペーンの成果を確認するためのツールが用意されています。

始める前に

SDK の実装を開始する前に、次の準備が必要です。

スタートガイド

SDK を使うには、次の 3 つのステップを行います。

  1. AndroidManifest.xml を更新する
  2. EasyTracker メソッドの追加
  3. analytics.xml ファイルを作成する

上記のステップを完了すると、Google アナリティクスで次の要素を測定できるようになります。

  • アプリのインストール数
  • アクティブ ユーザー数とユーザー属性
  • スクリーン数とユーザー エンゲージメント
  • クラッシュと例外

1. AndroidManifest.xml を更新する

AndroidManifest.xml ファイルを更新して、次の権限を追加します。

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />

2. EasyTracker メソッドの追加

次の例のように、各 ActivitiesonStart() メソッドと onStop() メソッドに送信メソッドを追加します。

/**
 * An example Activity in your app with Analytics
 * implemented.
 */
public class myTrackedActivity extends Activity {
  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
  }

  @Override
  public void onStart() {
    super.onStart();
    ... // The rest of your onStart() code.
    EasyTracker.getInstance().activityStart(this); // Add this method.
  }

  @Override
  public void onStop() {
    super.onStop();
    ... // The rest of your onStop() code.
    EasyTracker.getInstance().activityStop(this); // Add this method.
  }
}

EasyTracker は、メソッドを呼び出す前に Context を必要とします。上記の例では、次の行を使用しています。

EasyTracker.getInstance.activityStart(this);

コンテキストの設定を引き受けます。ただし、他のクラスまたはメソッドで EasyTracker 呼び出しを行う必要がある場合は、まず EasyTracker の setContext(Context ctx) メソッドを呼び出す必要があります。

// Set Context before using EasyTracker. Note that the SDK will
// use the application context.
EasyTracker.getInstance().setContext(this);

// EasyTracker is now ready for use.

3. analytics.xml ファイルの作成

Android 向け Google アナリティクス SDK のバージョン 2 では、このガイドで analytics.xml という xml リソース ファイルを使用して構成オプションを管理します。このファイルは、プロジェクトの res/values ディレクトリに作成して、トラッキング ID を追加する必要があります。次の例では、トラッキング ID を追加して、Activity と例外測定を有効にする方法を示しています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>

<resources>
  <!--Replace placeholder ID with your tracking ID-->
  <string name="ga_trackingId">UA-XXXX-Y</string>

  <!--Enable automatic activity tracking-->
  <bool name="ga_autoActivityTracking">true</bool>

  <!--Enable automatic exception tracking-->
  <bool name="ga_reportUncaughtExceptions">true</bool>
</resources>

lint チェッカーは、トラッキング ID での数字ダッシュ('-')の使用について警告する場合があります。この警告を抑制するには、<resources> タグに属性を追加します。

<resources xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
tools:ignore="TypographyDashes">

実装の設定に使用できるパラメータの一覧については、analytics.xml パラメータ リファレンスをご覧ください。

これで完了です。Google アナリティクスにデータを送るためのアプリの設定は完了です。

次のステップ

Google アナリティクスでは、キャンペーンの測定、アプリ内決済やトランザクションの測定、ユーザー操作のイベントの測定など、さまざまな操作を行うことができます。これらの機能を実装する方法については、次のデベロッパー ガイドをご覧ください。

  • 高度な設定 - 複数のトラッカーを使用するケースなどの高度な設定について確認します。
  • キャンペーンの測定 - キャンペーンを測定して、アプリのインストールに貢献しているチャネルやキャンペーンを把握する方法を確認します。
  • イベントの測定 - インタラクティブ コンテンツ(ボタンや動画、イベントを使ったその他のメディアなど)に対するユーザー エンゲージメントを測定する方法を確認します。
  • アプリ内決済の測定 - アプリ内の決済とトランザクションを測定する方法を確認します。
  • カスタム速度 - アプリ内のカスタム速度を測定し、読み込み時間やメディアとのエンゲージメントなどを測定する方法を確認します。
  • Analytics.xml パラメータanalytics.xml 構成パラメータの全リストをご覧ください。