AMP ページのクライアント ID

Google アナリティクスでは、2 つの異なるヒットが同じユーザーに由来することを確認するために、クライアント ID フィールドを使い、そのユーザーに関連付けられた固有の ID が各ヒットと合わせて送信されます。固有の ID はランダムに生成される文字列です。

非 AMP ページでは _ga という名前のファーストパーティ Cookie を 1 つ使用して(サイト運営者のドメインに)クライアント ID が保存されます。

AMP ページでは少し事情が異なります。さまざまな方法でブラウザにページが読み込まれる可能性があるため、クライアント ID の生成や管理の方法がそれぞれのケースで違います。このため、サイトやアプリの指標も影響を受けます。

クライアント ID に関連するシナリオ

ユーザーが AMP ページにアクセスする方法と、各アクセス方法がクライアント ID に与える影響は次のとおりです。

  1. Google 検索: Google 検索結果から AMP ページにアクセスして「AMP ビューア」内で表示する

    • これは、ユーザーが Google 検索を行い、選択した検索結果が AMP ページであるケースです。google.com ページには cdn.ampproject.org を参照する IFRAME が含まれ、コンテンツは cdn.ampproject.org から読み込まれます。
    • このケースでは、google.com はファースト パーティとなるため、クライアント ID は google.com に保存されます。AMP ビューアからページに渡されたクライアント ID は、cdn.ampproject.org で配信されるため、AMP アナリティクスを経由して送信可能です。
    • Cookie は、オリジナルの AMP ページとスキーマ、ホスト、ポートの組み合わせが同じ場合にのみ再利用されます。
  2. プロキシ / キャッシュ: プロキシまたはキャッシュから AMP ページにアクセスする

    • このケースでは、ユーザーが cdn.ampproject.org に直接アクセスします。
    • クライアント ID は、cdn.ampproject.org に保存されます。ユーザーが(一定期間内に)再度アクセスすると、同じクライアント ID が再利用されます。この場合、cdn.ampproject.org はファーストパーティになります。
    • Cookie は、オリジナルの AMP ページとスキーマ、ホスト、ポートの組み合わせが同じ場合にのみ再利用されます。
  3. AMP に直接アクセス: サイト運営者のドメインで AMP ページに直接アクセスする

    • このケースでは、ユーザーがサイト運営者のドメインに直接アクセスして AMP ページを表示します。
    • クライアント ID は Cookie(_ga)に保存され、ID が従来の形式か AMP 形式かに関係なく、使用および再利用されます。
    • AMP ページで生成されるクライアント ID は、AMP 形式(amp- の後にランダムに生成された文字列が続く形式)に沿ったものとなります。
  4. 非 AMP: サイト運営者のドメインで非 AMP ページにアクセスする

    • このケースでは、ユーザーがサイト運営者のドメインで非 AMP ページを直接表示します。
    • クライアント ID は Cookie(_ga)に保存され、ID が従来の形式か AMP 形式かに関係なく、使用および再利用されます。
    • 非 AMP ページで生成されるクライアント ID は、従来のクライアント ID の形式に沿ったものとなります。

クライアント ID に関する注意事項

上記のシナリオごとに注意事項が何点かあります。

複数のクライアント ID

どのシナリオでも、ユーザーが同一のクライアントまたはブラウザからコンテンツにアクセスしたとしても、使用されるクライアント ID はユーザーがアクセスしたドメインに基づいて決まります。そのため、同じユーザーが上記の各方法でサイト運営者のコンテンツにアクセスした場合、Google アナリティクスでは 3 人の異なるユーザーとして(検索、プロキシ / キャッシュ、サイト運営者由来の各ケースで 1 人ずつ)カウントされます。

各シナリオでのインタラクション

同じユーザーが複数のシナリオで同じサイト運営者のコンテンツにアクセスした場合にインタラクションがどのように処理されるかについて、次のような注意事項があります。

Google 検索と直接アクセスGoogle 検索と非 AMPプロキシ / キャッシュと直接アクセス、およびプロキシ / キャッシュと非 AMP

  • 一方のケースで使用されるローカル ストレージは他方のケースでは使用できないため、ID は別々に保持されます。

直接アクセスと非 AMP

  • 特定のユーザーに対して 1 つの Cookie が使用されます。クライアント ID の形式は、ユーザーの最初の訪問先が AMP ページと非 AMP ページのどちらかによって決まります。

AMP ページと非 AMP ページで同一のクライアント ID を使用する

AMP ページと非 AMP ページで同一のクライアント ID の使用を有効にするには、AMP クライアント ID を統合します。これが有効になると、Google 検索、直接 AMP、非 AMP に関する上記の各シナリオで、Google アナリティクスで同一のクライアント ID が使用されるようになります。ユーザーのクライアント ID がどのように決まるかについて、以下にいくつかの例を紹介します。

  • 新規ユーザーが Google 検索結果から AMP ページにアクセスすると、そのユーザーで AMP クライアント ID が使用されます。その後、このユーザーが非 AMP ページにアクセスすると、同じクライアント ID がクライアント ID サービスから取得され、非 AMP ページでも使用されます。
  • AMP ページと非 AMP ページの両方にアクセスしたことがあるリピーターが、AMP または非 AMP ページにアクセスした場合は、それ以降そのユーザーに対して AMP クライアント ID が使用されます。
  • AMP ページにアクセスしたことのないリピーターが、非 AMP ページにアクセスした場合は、analytics.js で生成されたクライアント ID が引き続き使用されます。