コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ads.txt

ads.txt ファイルの実装は厳格な要件ではなく、ads.txt ファイルがなくても広告は継続して配信されますが、ads.txt 検証済みの広告リクエストにのみ入札する広告主様も少なくありません。ads.txt の詳細

ads.txt ファイルは、ドメインへの広告掲載のリクエストが許可されているすべてのパブリッシャー ID の集まりで、そのドメインのルートに配置(example.com/ads.txt など)されています。通常の ads.txt ファイルのエントリは次のようになります。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

通常、ads.txt ファイルで使用されるパブリッシャー ID は、広告タグの data-ad-client の値に基づいています。ただし、ほとんどの AFP プラットフォームをご利用のお客様には数千の子アカウントがあるため、お客様によるファイルの管理だけでなく Google などの入札者によるファイルの処理も困難になります。プラットフォームをご利用のお客様がこの問題を解決し、プラットフォーム ドメインの ads.txt の使用を拡大する方法は 2 つあります。どちらか一方のみ行うことも、必要に応じて組み合わせて行うこともできます。

  • プラットフォームのドメインを Public Suffix List に登録する
  • AdSense でプラットフォーム ドメインをホワイトリストに登録し、data-ad-client パラメータに加えて data-ad-host パラメータに基づいて広告リクエストを確認する

方法 1: Public Suffix List に登録する

Public Suffix List にドメインを登録すると、ブラウザでトップレベル ドメイン(TLD)として扱われます。Google の ads.txt 確認システムでも同様に扱われます。この変更を加える前に、ドメインに与える総合的な影響をプラットフォーム側で調査する必要があります。

ドメインが Public Suffix List に含まれている場合は、ads.txt ファイルの場所を変更する必要があります。つまり、ads.txt ファイルをドメインのルート(example.com/ads.txt)に公開するのではなく、各サブドメイン(subdomain.example.com/ads.txt)に配置する必要があります。方法 2 も同時に採用していない限り、ads.txt ファイルには data-ad-client パラメータの値に基づく子パブリッシャー ID が必要です。

たとえば、子プロパティ コード(data-ad-client)が ca-pub-123456789012345 の場合、ads.txt ファイルは次のようになります。

google.com, pub-123456789012345, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ここでは、文字列の ca- が削除された部分が使用されます。

方法 2: プラットフォーム ドメインの ads.txt を特別に処理する

AFP では、ホワイトリスト登録済みドメインの data-ad-client または data-ad-host の値に基づいて広告リクエストを確認できるようになっています。つまり、いずれかの ID が ads.txt ファイルに含まれている場合、広告リクエストは検証済みとして処理されます。この措置は、ドメインが Public Suffix List に記載されている場合でも機能します。異なる点は、ads.txt ファイルの場所だけです。

AFP プラットフォームご利用のほとんどのお客様には、すべての広告タグに data-ad-host パラメータを設定(または、「プラットフォーム アカウント」メタタグを使用)することをおすすめします。そうすることで、ads.txt ファイルに必要なエントリは 1 つだけ(ホストのプロパティ ID(data-ad-host)に基づく)となります。

たとえば、ホスト ID(data-ad-host)が ca-host-pub-1234567890123456 の場合、ads.txt ファイルは次のようになります。

google.com, pub-1234567890123456, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ここでは、文字列の ca-host- が削除された部分が使用されます。